Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

タイ、香港旅行記 ~6日目、香港~

1 Comment 旅行記

うおおおお時間の流れが違うー!!!!

更新に時間がかかっているので、プーケット&香港旅行記のURLを貼っておく。
http://moralhazard.jp/category/travel/

香港記念に、Photoshopで尖沙咀スターフェリー乗り場からのパノラマ写真を作ってみました。
ブログでは縮小表示になるので、ダウンロードして原寸大にしてみてください。馬鹿でかくしてやった!

香港の朝。
昨日までのプーケットののんびりした空気などは微塵も通用しない喧騒、喧騒、喧騒。
前日の晩はひるんだが、ここで負けるわけには行かない。出かける。

香港といえば飲茶、飲茶といえば香港、ホンコンといえば板尾。
というわけで、飲茶を食するためにクーロン公園方面のバスに乗ることに。
しかしホンコンはとてもたくさんのバスが走っていて、どれに乗ればいいのか分からない。

仕方が無いのでバス停にいる怒り顔(全員そう見える)のおじさんに

「I want to go to クーロn

「OK! Let's Go!」

最後まで言う前に、これに乗れ!と指差されて乗り込む。
基本香港の人はせっかちなようだ。歩くのもめちゃ早いし、エスカレーターもめちゃ早い。
怒ってるように見えるのも、言葉がけたたましいのと表情が元々そんな感じのようで、こちらでは普通のことらしい。
こちらも負けじと早足で移動。

クーロン公園から尖沙咀の港方面まで歩く。

このフェリー乗り場のあたりには観光客が写真を取っている姿がたくさん見られるが、どいつもこいつも、カメラの構え方がおかしい。
詳しくは中国人 カメラの構え方あたりでググってもらうか、

http://jyouhouya3.net/2009/11/post_335.html

この辺りを見てもらえればわかるが、まさにこんな格好で撮影をしている。
彼らがあまりに堂々としているので、僕が普通にカメラを構えているのが申し訳なくなってきた。

飲茶を終え(美味しかったけど特に書くことないから割愛)、街中を観光する。
香港はとても活気にあふれていて、ひっきりなしにバスやトラム(二階建ての路面電車)が走っている。
早速トラムに乗り込み、移動してみる。

雑多な町並み。人種もさまざま。
意外なことに道端には中近東っぽいおっさんが日本でもよく見るバッタモンブランドの露天をやっていて、

「ニーハオ、アニョハセヨ、コニチワー!」

と声をかけてくる。
日本人は3番目らしい。
それだけ中国韓国の旅行者が増えているんだろうなぁ・・。
街角の韓国語の看板の多さ、日本語の看板の少なさに、日本が置いていかれている感をひしひしと感じた。

トラムの二階から見たトラム。

さて、一通り観光地っぽいところを歩いた後、目的地のひとつである香港のCDショップ「White Noise Records」に行く。
僕はあまり知らなかったが、この店は知る人ぞ知る香港インディーミュージック基地らしく、マニアックなアイテムが一杯。
オーナーも気さくで、好きなミュージシャンからお勧めCDを見繕ってくれたり、香港と日本の音楽事情などをアツく語ってくれた。

また、この店では日本のミュージシャンを招いてイベント行うプロモーター業もやっているらしく、
「こないだtoeを呼んだよ!」
などと教えてくれたので、僕一緒に音源作りましたよ、もうバンド脱退しましたけど。などとたどたどしい英語(こちらが)でやりとりした。

海賊版の話や、非常に楽しい香港の音楽事情を語ってくれたのだが、いかんせんこちらは中学のときに英検3級をとっただけの英会話能力なので、辞書を持っていけばよかった・・・携帯役にたたねぇ!(日本では携帯辞書使ってるけど、海外ではパケ代高くてつかえない)と心底後悔した。

なぜか一緒に写真を撮る。
香港でライブ、やりてぇなぁ・・・。