Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

台風の爪痕

1 Comment 駄日記,,

こんばんは、このところずっと頭痛に悩まされていたのですが、久しぶりに晴れたせいか、目痛にすり替わってました。
やっちんです。

先日の激しい台風で会社の自転車置き場の屋根(ポリカーボネート製波板)が全部吹っ飛ばされてしまったため、この晴れの日を待っておりました。

次雨が降ったら会社の人の自転車が全部びしょぬれになってしまう、それは避けたい…。

ので、ポリカーボネート板をモノタロウ(工具とか事業者向け通販サイト)で注文。

ポリカーボネート

屋根のサイズに合わせてカット、

ポリカーボネート

朝っぱらから頑張って屋根を張っておりました。

たまにこういう作業をすることで、本職の人の凄さがわかりますね。

WEB全般からドラムからDIYまで!
毎日エンジョイ!

(日光に当たりすぎて完成直後にダウン、昼寝)

街角清掃にチョイ乗り

1 Comment 駄日記,

こんばんは、ちょっと時間があるときにちょいと清掃活動に参加して、しゅっと仕事に行く、なんていいよな…。
と思って実行してみました。
やっちんです。

仕事がひと段落して何気なくスマホを見ると、ポイ捨て、路上喫煙禁止啓もう活動を行っているステンスワンさんが活動中だったので、ちょい乗り清掃させていただきました。

ステンスワン

躍動感あふれるおっさん(清掃後)

アーバンピクニック

アーバンピクニックのフリー卓球に興じる(めちゃ下手)

ドラムに大事なのは、下半身を安定させる、プリ尻。

イヤモニ購入

1 Comment 駄日記,

Prophonic 2XS

プロ用イヤホン買ってもた、Prophonic 2XS。

こんばんは、やっちんです。

えらいことです、ドラマーである自分が持っているどの機材よりも高いのがイヤホンて。

普段いろんな現場でドラムを叩いておりますが、可能な現場ではイヤモニ(自分用のモニターをイヤホンでもらうシステム)で演奏しております。

これには

・各楽器を小さな音でバランス取って聞ける(遮音性が高いイヤホンの中で音作りをするので、耳を傷めない)
・↑のため、ステージ上でドラムのモニターが流れないことで、ステージ上の音がうるさくならない→他パートにもGood
・同期音源・メトロノームなどを合わせて聞けて、手元でバランス調整できる

いろんな理由があるのですが、僕個人にとって一番大事なのが、

「左利きであるがために起きる『回線トラブル』が減る」

です。

今まで本当にいろんな場所でライブを行ってきました。
小さいところでは幼稚園、ショッピングセンター、祭りの舞台、トラックの上、そして走るトラックの上、ビアガーデン、チャペル、病院、水上ステージ、道端からライブハウス、講堂、コンサートホール、野外フェス大ステージ、果ては数万人入る大ホールまで…

いろんな環境もそうですが、リハーサルがないイベント、現地に到着したかと思えばもう演奏、なんてこともざらです。

で、左利きのドラマーというのは非常に面倒なことに、ドラムセットが全部逆、つまりマイクの位置も全部逆。
セッティング時に回線を引き直すことになります。

なので、回線トラブルがしょっちゅう起こります。

僕「音が鳴りません!!」 →モニタースピーカーにケーブルがつながってない

僕「ギターの音をください!違うベースのコーラスが上がってる!ギターあげて!違うベースじゃない!耳壊れる!」 →マイクのケーブル繋ぎ間違え

他パート「ドラム聞こえてこない」 →ドラムのマイクがつながってない

上記のようなトラブルがしょっちゅう起こります。
通常ライブハウスで数バンドが演奏するときは、基本的にドラムのマイク回線はほぼ動かない(太鼓の数が変わるなどを除いて)のですが、左利きの迷惑ドラムがステージに立つと一気にドラム回りが忙しくなります。
どうしてもトラブルが起きる。忙しい現場では音響さん責められない。左利きに生まれてごめんなさい。悪口は僕の聞こえないところで言ってくださいね。
ちなみに左利きのメリットは「目立つ」、これだけです。これも大事ですが。

こんなネガティブなスタイルではネガティブなリズムが生まれてしまいます。
なので、あらかじめイヤホンとボリュームを調節するミキサーを持ち込み、リハーサル・本番前に回線チェックすることでトラブルを減らしているわけです。

こないだの神戸ストラットでは、出演時にかぼちゃのマスクかぶることになって、本番直前に

「うわ!マスク邪魔でイヤホンつけられへん!」

(イメージ)

「マスクがずり落ちてきて前が見えない!」
「マスクが邪魔で首が回らない!」
「マスクがスティックにひっかかる!」

滅茶苦茶でしたけどね。

まぁ何が言いたいかっていうと、

「ドラムが止まればライブは終わり。モニターが聞こえなかろうが被り物が邪魔だろうが目が見えなかろうが、勇ましく叩け。」

ってことです。
ほな、また。

(全然違う)

カボチャあたま

2 Comments 駄日記,

こんばんは、やっちんです。

ありがたい事に年内休みなしが先ほど決定しましたが(死ぬ)、仕事の合間にも「遊び心を忘れない」というサボりに非常に便利な言葉を使いこなして、

ハロウィーンにジャック・O・ランタンを作る

カボチャを作っております。

先日行われた「神戸ストラット」(弊社制作の可愛いHPはこちら)と同時開催されていた「六甲アイランドハロウィン」、2日目は残念ながら一部開催になってしまったのですが、ちょっとお邪魔して「ハロウィンのカボチャ」を買ってきました。

そもそも何故ハロウィンでお化けの仮装をしたり飾りつけをするようになったのか?
最近急に盛り上がってきたため、僕自身その由来があやふや(ケルトの祭り、程度の認識)だったのですが、端的に言いますと

「10月31日(古代ケルトの年末)の夜にこの世とあの世を隔てる扉が開かれ、死者や恐ろしい魔物、魔女が現世にやってくる。
その時に怖い魔物の仮装をすることで、
「自分たちを魔物の仲間だと思わせれば、襲われない」
「恐ろしい魔物の姿で悪霊を追っ払う(魔除け)」
と信じられていた、ということです。

ほな、怖いの作らな。

ハロウィン

まったく、

ハロウィン

簡単・・・

ハロウィン

だ!!

てなわけで完成。

制作時間は20分ほど。
簡単にできました。

魔物に襲われないように、玄関に飾りに帰ります。

ハロウィン

(今日仕事してない)

おまけ。仕事帰りの不審者。

ハロウィンカボチャを持ち帰る

グラシアス

2 Comments 駄日記,

こんばんは、「よろしおす」と「グラシアス」って似てますよね。
やっちんです。

最近は毎日家の前のプランターで作っている小松菜を食べている、小松菜おじさんと化しております。
食べきれないので近所に配って回る不審者です。

小松菜ベビーリーフ

小さいベビーリーフはサラダに。
パンにケチャップとチーズと小松菜を載せて偽ピザを楽しんだりもします。

大きくなったものはお浸しにでもして食べるかな。

ほな、また。