Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

科学の勝利

No Comment 駄日記

生涯生え続ける後頭部の髪を薄毛部分に移植して治す 「自毛移植術」

余りにもびっくりして更新しちゃったよ! あいつにも教えてやらなくちゃ!!!

美尻

No Comment 駄日記

 

僕はズボンのポケットに物を詰め込む癖があります。

右前にカギの束、左前に目薬、右後に携帯、左後に財布。
一杯です。
(可愛い女の子もつめちゃうぞ!)

だから凄いプリッ尻(ケツ)なんですよ。

最近気付いたんですけど、インデイー二枚目のアルバムのジャケット、

僕がお尻を突き出してるんですが。

プリ尻なのは決して殿方を誘っているからでは無いのです。
だから男に襲われたりするんですねぇー。
ま、その話はまた今度。

(思い出したら震えが止まらない)

東京

No Comment 駄日記

え~7月30日からよんどころない事情で東京に行っていました。
そのため更新が途絶えていましたが、 まあ誰の人生に影響を与える訳でもないからいっか。
(謝るの大嫌い)

え~バンドメンバー4人で新幹線に乗って行きました。
もう初日から突っ込みどころ満載だったんですが。
まあくわしく書くのもアレなので、 僕の視点から少しだけ。
出発の日、朝一(8時くらい)で新大阪に集合したんですが、
最初に出会った村上君、僕の隣の席に着いた瞬間

弁当開封。

まだ新幹線ホームすら出てないというのに。

さらに足りなかったらしく、松原から弁当を分けてもらっていました。
そして食べ終わってら週間阪神タイガースとかいうウンコ雑誌(僕の視点ですから)を読みふける。

30分後、酔う。(のぞみは揺れます)

僕もこんな大人になりたいです。

そして二日目、空き時間に松原と二人で原宿に行きました。

「元気が出るお店」

「やまだかつてないお店」

を探したけど見つかりませんでした。

原宿では、オタク中学生が黒人に引っ掛かっていました。

「ヒップホップの服あるよー」

「見るだけでいいからー」

ってお前どうみてもアフリカ人やん!

ヒップホップを語るなコラァ!

(実は全然ヒップホップ文化知りません)

ツアーファイナル@米子~女の子早く薄着になれの巻~

No Comment 旅行記,過去ログ

はいはいはいというわけで、適当にツアーファイナル米子で撮影した写真をUPしまっすよ。

米子手前の蒜山サービスエリア。
なんか半端なく雪が積もっていて、これからの道のりを不安にさせる。
なんか道を作るために脇にかき集められた雪山、登ってみたらSAの天井くらいの高さになってた。
ちなみに降りるときに雪山の空洞に膝まではまった。
今28歳。

昼間からこのテンション高すぎな商店街。
リハーサルが終わる3時くらいの時点で7割のシャッターが下りている。
米子に来るのは二回目だが、お客さんは来てくれるのか!?
不安になる。

宍道湖という湖には「宍道湖七珍」と呼ばれる珍味があり、吉田戦車先生の漫画
「ぷりぷり県」でも取り上げられている。
海老マニアとしてはこの中の「モロゲエビ」と言う海老が食べたくて、魚屋さんに行ったのだが、

僕「モロゲエビください。」

店主「この辺ではこの海老が獲れるんよ」

と、ダウンタウンガキの使いに出てくるキスしないほうのおばちゃんみたいなメイクをしたおばちゃんが進めてくれた

「どろえび」

を購入。
5匹におまけ1匹つけてくれて250円という安値。

後で知ったのだが、宍道湖って島根県で、鳥取県じゃなかったのね。
そして僕は米子を島根県だと思ってたのね。
ごめん。まじで。

でも美味かったですよ、どろえび。
ホテルでしょうゆを借りて食べたけど、卵とかもついててめちゃ美味でした。

関係ないけど、最近ちょっと淡水エビを飼おうと思っている。

夜7時。ライブ直前の商店街(ライブハウス前)

あまりの暗さ、人のいなさに心が折れそうになる。

そんな僕を出迎えてくれたのは…

 

 

 

 

商店街のシャッターに張られてある謎の似顔絵(?)

何が怖いって絵の雰囲気もさることながら、右下にある

「春が来た!

の喜びですよ。

脳内で尋常じゃない春が来ているようで心配でなりません。

 

で、ライブですが。

予想に反して見に来てくれたみんながすげぇノリがイイ!

ライブしててすげぇ楽しい!

アンコール2回されてももう曲無い!

ただでさえツアーファイナルってことで、タイバン形式なのに10曲とかさせてもらってるのに本当申し訳ない、そしてうれしかった!ありがとう!

米子また絶対行きます!

エビも食います!

出来たらライブ中の写真も撮影したかった!
でもおいらはドラマー!両手両足ふさがってるのに

いやまてよ?それって新しいドラマーの形…?

(怒られます)

憧れの下町探訪~月島佃島やっちん行~

No Comment 旅行記,過去ログ

下町…

なんて甘美な響きだろうか。
都会神戸の山の手に住んでいるセレブのワタクシには縁遠い世界…。
(参考資料…山の手)

まぁ僕のばあちゃんが住んでた神戸新開地ってところも結構下町なんですが、せっかく東京に来たことだし、今回は「こち亀」の舞台として取り上げられる、東京の下町を見物してきました。

もんじゃ焼きって本当に(自主規制)みたいなんだろうか?」

あいにくワタクシ関西人なもんですから、もんじゃ焼きというものを見たことがありません。
よく漫画でネタにされる素材ですから、一度は見ておきたいと思っておりました。
そしてもんじゃ焼きを食べるためだけに本場?月島へ。

某SNSコミュニティで一番名前が挙がっていた店、「もん吉」へ。
ロールプレイングゲームで洞窟に入る時は、入念に回復アイテムをそろえていくタイプです。
写真は路面店ですが、行った時間に閉まってたので裏路地にある本店へ。

まぁお好み焼きみたいな感じでしょ?
僕は料理はしないタイプの漢なので、店員さんに焼いてもらう。
というか、何もいわなくても焼いてくれた。
多分料理できないオーラが出ていたんだろう。

そもそも僕がなぜ料理をしないかというと、以前日記でも書いたが、料理を身に着けたくて親に
「料理を教えてくれ!」
と言ったところ、いきなり初心者に
イカフライ(油がはねまくって超危険)
を用意しやがって、油が跳ねまくる鍋に対して必死で蓋を盾にし、戦ってたという忌まわしき記憶があるからに他ならないのですが、建前上は

「完璧すぎる男はもてないから、女子に料理の腕前を振るう機会を与える」

ということになっております。あしからず。

なんかお好み焼きのタネみたいなのをずっとコテでカチャカチャカチャカチャやってるなぁ~…と思ってたら

「出来ました~」

え~!?これで完成!?
とベタな関西人を演じておく。
実はこういう食べ物だってことはすでにこち亀で調査済みだ。

でもやっぱりこの「見てくれの完成度」はカルチャーショックだった。

「もんじゃ焼きはもともとおやつなんだよ!」

もんじゃ焼きをからかうと大体帰って来る返事がこれだ。
しかし食べた後のおこげみたいなの(上の写真)を食べて納得。
あ~これはおやつだ。
これだけ袋に詰めて原っぱに遊びに行きたい感じ。

下町ってのはやっぱり和む。

これは人が一人入って終わり!くらいの大きさの交番。

昭和から全く進化していない駄菓子屋に感動。

中もすげぇレトロゲームとか、あやしい素材のお菓子がいっぱい。

「こち亀」では、こういった駄菓子屋さんでもんじゃ焼きを食べるシーンがあるが、まさにそれ!といえるシチュエーションに遭遇した。

 

(表のゲーム機で遊んでた中学生が店内に入る)

中学生「おじい~!」(店主のおじいさんを呼ぶ)

おじい「はいはい」(納豆のパックみたいなのに入ったもんじゃ焼き?を渡す」)

中学生「…なんだよこれ~!」(パックの中にタレの袋が混入していたらしい)

おじい「…ごめんなぁ~」

(中学生、もんじゃ焼き?を持ってゲーム機のところへ戻る)

 

まさに昭和。
この模様を動画で伝えられないのが非常に残念だが、こち亀で見たシーンがそのまま平成のこの時代によみがえってたのに感動した。

ただ、空になっても山積みの駄菓子の箱と、賞味期限が凄く心配な霜付アイスクリーム、店主が防毒マスクみたいなのをずっと被っているのを見て、衛生面だけ心配になった。

ちなみに僕は何も買わなかった。

僕が小学校の頃に流行ってたじゃんけんマシーン(正式名称不明)がまだあった。

「じゃ~んけ~ん ぽん! ズコー!」
(勝った時は「ズコー」が「フィーバー!」に変わる)

ノスタルジーに浸れたが、隣に

張り紙「メダル一枚で10円のお菓子と交換します」

ひ…非公認ギャンブル!?

 

下町は…いいですねぇ~。

(次はどこにいこうかしら)