Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

トイレの花男さん

No Comment 過去ログ

「トイレの花男さん」注意…この話はフィクションではありません。)

・・・・・こんばんわ、やっちんです。
暑い夜にはやはり怪談ですよね。
どちらかというとY談の方が得意なのですが、
今日は僕の経験した恐怖をお話します。

皆さんは、恐怖から震えが止まらなくなった事はあるでしょうか?
僕は怪談や色んな恐怖には強いほうですが、一度だけあります。
何気ない日常にこそ、未体験ゾーンの入り口はあるものです。

その日、僕は友達と二人で神戸の中心、○ノ宮に遊びに来ていました。レコード店やカフェ、古着屋など、一通り回ってふらふらと繁華街を歩いていました。

僕は普段からお腹が弱く、冷えたためトイレに行きたくなりました。
でも混んでいる所は嫌だ!ということで町の服屋などが沢山あるビルの三階、人気の無いトイレを選んで個室に入りました。

男子トイレの作りは、入って一番奥が見えないL字形で、
僕はL字を曲がった一番奥のトイレに入り、

「ああ、穏やかに波が引いていく・・・」

なんて至福の時を迎えました。

そして何気なく、トイレの壁に目をやると、

「あの時限りで愛し合った君へ、またここで待ってる」

「兄貴へ~何時何分、ここで待つ」

などの落書きが。

男性はよく知っていると思いますが、
この手の落書きは公衆トイレならどこにでもあります。
僕もさして気に留めず、鼻で笑っておりました。

そしてそろそろ出ようかと思った時、トイレのドアをノックする音が。

トントントン。

…かなり小さい音だったので、
最初隣かどこか、別のトイレをノックしているのかと思った位です。

トントントン。

しかし、ノックは止みません。
混んでいるのかな?と思いましたが、

トントントン。

段々大きくなる音に不信感を覚え、

トントントン。

耳を澄ませていたら、突然ノックはやみました。

暫らくの沈黙の後・・・・。

「兄ちゃん。」

 

 

 

 

は?

「兄ちゃん、兄ちゃん」

!?!?

僕の頭に浮かぶたくさんの疑問符。
驚いて周りを見回したら、

トイレのドアの隙間に知らない男の顔が!

わけも分からず声も出ない、僕に対してその顔は言います。

「兄ちゃん、エッチしよ!」

僕は余りのことに声も出ません。

とっさに男の顔がある辺りの扉を力いっぱい殴りつけ(ちゃんと流して)扉を蹴飛ばしました。

そして颯爽とトイレに飛び出したのですが(カッコわりい)誰もいません。

トイレの個室も一つ一つ見たのですがどこも空で、
ちょうど入ってきたサラリーマン風の男性は僕の事を怪訝そうにみています。

とにかく一人でいるのが怖かったので、
電気屋で待ち合わせている友人の元に走ります。

そして友人のところについて一通り出来事を話したら、
急に体が震えだしました。

冷静に考えると、僕が飛び出したところで、
相手がすごくマッチョだったら・・・。
僕は逆にトイレに引きずり込まれて・・・・。

そんな考えが頭をよぎって、体の震えが本当にとまりません。

そして震える両手を見つめている僕に友人はこう言い放ちます。

「ちゃんと拭いたんか?」

ぎゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

(最後のはネタ)

サンプリング

No Comment 過去ログ

ケンシロウ(北斗の拳)ってなにげにキャットウオークですよね。

今日はインストアライブでボンゴを叩いてきたのですが。

太鼓でもなんでも楽器って叩く人によって出る音が全く違うんですよ。その中でも太鼓は特に奏者の色が出ると思うんです。

自分のイメージしている音がなかなか出ないとき、
同じ楽器を他人(師匠)が叩いて出した時のショック。
フレーズですらない、。自分はまだまだと痛感。

だからデジタルミュージック全盛の時代でも生音はいまだ大事にされる訳で。

デジ炸裂になったモンドグロッソでもドラムの音は佐野康夫(心の師匠)のプレイをサンプリングして使っているらしいですね。すげえなぁ、康夫。(様)

んで生音をサンプリングしてデジタルミュージックやらで使用する音楽が増えていますが。

サンプルを集めたCDとかあるんですよ。

「アジアの民族楽器全集」

とか

「~オーケストラ素材集」

とか。

話は簡単に済ませますが、要は一流プレイヤーのプレイやレアな音素材なんかを音源にして売っている訳です。

有名ドラマーの音源とかもあるんです。

「名ドラマー、スティーブ・ガッドのサンプル集!」(例ですよ)

とかなら、スティーブ・ガッド御大の叩いたスネアドラム、
ガッドのバスドラム、果てはガッドのリズムパターンまで。

これってすごくない?

家でパソコンをつけてガッドサンプル集を入れたら自分の手のひらでガッドが踊るんですよ!(よく無い表現)あ~このリズムパターンで攻めているここでガッドのあのフィルイン(オカズ)

イっちゃいますよね。

というわけで僕も作ることにしました。

「ナチュパンやっちんサンプル集!」

これがあったらレコーディングも楽チン。

「あ、今回これ使ってくれ。」

とかいって渡す。あとは漫画でも読んでいます。

ほかにもバンド組んでいる人で 「あ~ドラムが脱退しちゃった!もうじきレコーディングなのにどうしよう!」なんて人も安心。横漏れガード付きでぐっすり眠れます。

気になるその内容は!

ナチュパンヤッチンのサンプリング集 ~ヤッ珍プレー好プレー~

1、やっちんの歯ぎしり

2、やっちんのおなら

3、やっちんの生声(おはよ~)

4、やっちんの怒声(うんずぶりゃ~!)

5、やっちんの嬌声(ああ~ん)

6、やっちんの奇声(北野君バリにきぇぇぇぇぇぇ!)

7、やっちんの歓声(オマエ打たなきゃ明日は雨、クロウ、クロウ…)

8、「やっちんが部屋で一人でなにやらごそごそ」を盗聴

9、やっちんが普段聞いているパソコンのノイズ(うぃぃぃん)

以下128まで続く。

というわけで来年夏ごろに発売予定!

あ、だめだ、アイドルはおならしないんだった、ごめんごめん。

チワワとレトリーバー

No Comment 過去ログ

最近かなりの小型犬ブームでありますが。
なんっていうんですか?あの研なおこみたいな顔の犬。
どこかの消費者金融のCMのおかげで大人気に拍車がかかったようですが。あ、チワワっていうんですか。

しかしいまだに大型犬も根強い人気で。
賢いレトリバーを颯爽と率いたロマンスグレーのおじ様なんて最高にかっこいいですもんね。

大抵のレトリバーの飼い主はそんな
賢く従順な大型犬にあこがれて飼い始めたと思うんですよ。

ただ、現実はそうではなくて。

平日忙しい家の主人に代わっていやいやでかい犬を散歩に連れて行く奥さん。(もち怪物図鑑にでてるくらいのノーメイク)

まだ若いレトリバーが言うことを聞くはずなんて無く、あちこち引きずり回された挙句、道路の真ん中で脱糞。

両手で体重をかけても引っ張られてますもんね。
そこにもう一匹のレトリバーがきたらもう最悪。
(もち操縦は近所のおばさん、初心者マーク)

二匹はこれは運命とばかりに互いの周りを駆け回り、人間だとNG間違い無しの(もしくはマニア向け)排泄孔の確認作業に移ります。

周りの通行人も大迷惑、飼い主も引き離せないもんだからもうあきらめてしまい、後は延々とお互いの尻の匂いを嗅いでぐるぐる回り続けます。

今日も練習の帰り道、そんな巨大なラブラドールレトリバー(おそらくダイちゃんとかそんな可愛い名前がつけられてるんでしょう)に引っ張りまわされているおっさんを見かけました。

うちの親父でした。
(おやじ脱臼寸前、犬脱糞寸前)

NEWS

No Comment 過去ログ

「News」

<News>

[ジャニーズ訴訟] 社長セクハラ「重要部分は真実」 東京高裁 2003 年 7 月 16 日

週刊文春に「事務所の少年にセクシュアル・ハラスメントをした」
と書かれ名誉を傷つけられたとして、芸能プロ「ジャニーズ事務所」と喜多川拡社長が、文芸春秋に賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が15日、東京高裁であった。
矢崎秀一裁判長は
「セクハラに関する記事の重要部分は真実」
と判断し、
「日常的に飲酒、喫煙させている」
などの記述による名誉棄損だけを認めて、賠償額を1審・東京地裁判決(昨年3月)の880万円から120万円に減額した。
問題となったのは、99年10~12月の連載記事。

判決は
「逆らえばデビューできなくなる拒絶不能な状態に乗じ、社長がセクハラしている」との記載について、「被害者の少年たちの証言は具体的で詳細なのに、事務所側は具体的に反論していない」と指摘した。
1審はセクハラについても名誉棄損を認めていた。

</News>

・・・ヤッタ~!
都市伝説は本当だったんだ!

いや~。

「人面犬」

「ホルマリン漬けの死体を洗うバイト」

「高速を車より早く走るババア」

「誰もいない校舎を上半身のみの体だけで走る”テケテケ”」

などに並んで都市伝説と化していた

「ジャニーズ社長○モセクハラ説」

本当だったんですね。感動です。

ああああ!キ○タクや○ナガキやタッ○ー&ツバ○まで!
彼に蹂躙されていたかと思うと!

っていうか・・・。

僕も心の準備なら出来てたのに・・・。

ドラムロール

No Comment 過去ログ

「ドラムロール」

ちょっと長いけどニュースの話おば。

<News>

2003/7/15

世界的にヒットしたドキュメンタリー映画
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」で知られるキューバの歌手・ギタリストのコンパイ・セグンドさんが13日、ハバナで死去した。
95歳だった。
キューバ国営のプレンサ・ラティナ通信は、
彼の死はキューバ音楽界に埋めることのできない空白をつくったと報じた。
キューバ国旗に覆われ、トレードマークの白いパナマ帽子が載せられたコンパイさんの棺の前には長い弔問者の列ができた。

</News>

・・・らしいですよ。すごいですよね。

国に、

「彼の死はキューバ音楽界に埋めることのできない空白をつくった」

とか言わせるんですよ。

僕もいわれてみたいなぁ。

「僕の死は日本音楽界に埋めることの出来ない溝と傷を作った。」

駄目じゃん。

なんでも彼は国際的に活躍しているミュージシャンで
最高年齢だったそうです。
棺には彼のトレードマークの白い帽子が乗せられた。
お洒落じゃないですか。

僕が死んだときには、棺に僕のトレードマークである
大きめのを乗せてくださいね。

もう一つ。

ドラムをたたき続けて足かけ3日。
広島市東区のジャズドラマーそうるじゅん
(本名土井宗純)さん(53)が30日午後4時40分
、広島県廿日市市の音楽喫茶で、
ドラムのソロ演奏連続52時間30分の世界新記録
を樹立した。

だそうで。

同じドラマーとして感慨深いですね(そうか?)
しかし、いつも思うんだけど、こういう持久力系にチャレンジする人たちってトイレご飯はどうしてるんだろうか?

でもドラムだったらなんとなく出来そうな気がする。

ご飯のときは片手のみをご飯に使用、
リズムを刻みながら右手は箸でご飯をかきこむ。
たまに箸をスティックがわりに連打してみたりして。

トイレもいけます。

マーチングの要領で(ブラスバンドで見ますよね)肩から小太鼓(スネアドラムと言います)をぶら下げてトイレに赴く。

リズミカルに排泄。

もっとも便秘のときは
スネアドラムのボリュームで波が来てるかどうか、
力むところが他人にばればれなのが欠点ですが。

ダダダダダダダダダダダダダッ!・・・。

                          ↑この辺。

性交もリズムですからね、いけますね(キャー上品)。

まあ、なんだ、僕ならやりません。