Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

イヤモニ購入

1 Comment 駄日記,

Prophonic 2XS

プロ用イヤホン買ってもた、Prophonic 2XS。

こんばんは、やっちんです。

えらいことです、ドラマーである自分が持っているどの機材よりも高いのがイヤホンて。

普段いろんな現場でドラムを叩いておりますが、可能な現場ではイヤモニ(自分用のモニターをイヤホンでもらうシステム)で演奏しております。

これには

・各楽器を小さな音でバランス取って聞ける(遮音性が高いイヤホンの中で音作りをするので、耳を傷めない)
・↑のため、ステージ上でドラムのモニターが流れないことで、ステージ上の音がうるさくならない→他パートにもGood
・同期音源・メトロノームなどを合わせて聞けて、手元でバランス調整できる

いろんな理由があるのですが、僕個人にとって一番大事なのが、

「左利きであるがために起きる『回線トラブル』が減る」

です。

今まで本当にいろんな場所でライブを行ってきました。
小さいところでは幼稚園、ショッピングセンター、祭りの舞台、トラックの上、そして走るトラックの上、ビアガーデン、チャペル、病院、水上ステージ、道端からライブハウス、講堂、コンサートホール、野外フェス大ステージ、果ては数万人入る大ホールまで…

いろんな環境もそうですが、リハーサルがないイベント、現地に到着したかと思えばもう演奏、なんてこともざらです。

で、左利きのドラマーというのは非常に面倒なことに、ドラムセットが全部逆、つまりマイクの位置も全部逆。
セッティング時に回線を引き直すことになります。

なので、回線トラブルがしょっちゅう起こります。

僕「音が鳴りません!!」 →モニタースピーカーにケーブルがつながってない

僕「ギターの音をください!違うベースのコーラスが上がってる!ギターあげて!違うベースじゃない!耳壊れる!」 →マイクのケーブル繋ぎ間違え

他パート「ドラム聞こえてこない」 →ドラムのマイクがつながってない

上記のようなトラブルがしょっちゅう起こります。
通常ライブハウスで数バンドが演奏するときは、基本的にドラムのマイク回線はほぼ動かない(太鼓の数が変わるなどを除いて)のですが、左利きの迷惑ドラムがステージに立つと一気にドラム回りが忙しくなります。
どうしてもトラブルが起きる。忙しい現場では音響さん責められない。左利きに生まれてごめんなさい。悪口は僕の聞こえないところで言ってくださいね。
ちなみに左利きのメリットは「目立つ」、これだけです。これも大事ですが。

こんなネガティブなスタイルではネガティブなリズムが生まれてしまいます。
なので、あらかじめイヤホンとボリュームを調節するミキサーを持ち込み、リハーサル・本番前に回線チェックすることでトラブルを減らしているわけです。

こないだの神戸ストラットでは、出演時にかぼちゃのマスクかぶることになって、本番直前に

「うわ!マスク邪魔でイヤホンつけられへん!」

(イメージ)

「マスクがずり落ちてきて前が見えない!」
「マスクが邪魔で首が回らない!」
「マスクがスティックにひっかかる!」

滅茶苦茶でしたけどね。

まぁ何が言いたいかっていうと、

「ドラムが止まればライブは終わり。モニターが聞こえなかろうが被り物が邪魔だろうが目が見えなかろうが、勇ましく叩け。」

ってことです。
ほな、また。

(全然違う)

秋のシンバル祭り

2 Comments 駄日記,

こんばんは、ン百ギガバイトのデータを左のパソコンから右のパソコンに移しただけで仕事をした気になっているやっちんです。

昨日は神戸ラピスホールにて、ワタナベフラワーワンマンライブでした。
ジュンヤベイベーという人懐っこいサポートギタリストが東京に行く壮行会的な?ライブでした。
持ち前の人懐っこさを発揮して東京でも頑張ってほしいですね。

僕はラピスホールのオーナーである千葉和尚のドラムキットをいつも使わせていただいているのですが、出演するたびになんかシンバルが増えていった結果、昨日は

ジルジャン祭り

こんな感じに。
すごくダサいチャイナシンバルの叩き方が出来る素敵なセットでした。
(Rezo 10"splash,15",16",17",18",Chinax2,Ride,AcustomHH14" のシンバルまみれ)

肝心のライブは

ワタナベフラワー IN ラピスホール

Photo by Ohana

僕以外がしょっちゅう全員花道に行ってしまい、疎外感を感じるライブでした。
あとイチゴの被り物とかさせられて、それも演奏中ずれて首がもげそうになったりしました。
なのでシンバルを多めに、でもフェザータッチで叩いておきました。

ワタフラライブ in ラピスホール

見に来て下さった皆様、ありがとうございます。
僕は久しぶりに打ち上げにも参加しました。

やっちん in ワタナベフラワー

在りし日の僕。

(昨日)

レコーディング

1 Comment 駄日記,

こんにちは、やっちんです。

この日はレコーディングを行いました。
1曲はなんか初期衝動をぶつけた感じの8ビート。2回ほど練習していきなり本番ライブにぶつけて行った曲です。
もう1曲は某アイドルへの提供曲??的な、これも良く分かりません1度リハーサルしたのみで、どんな曲になるかも知らないまま叩いていました。
叩き終わった今は、曲の進行も覚えてないしどんなフィルイン(オカズ)を入れたのかも全く覚えておりません。

2016-07-25 11.12.55

写真は新長田の大人気レコーディングスタジオUMIのスタッフ、チャロ。

この日は僕自身体調が悪く、ドラムの大まかなセッティングからチューニング、マイクチェックまで全部スタッフにお任せでした。

僕「BPM(速さ)は158、曲のキーはメンバーに聞いて、チューニングはお願い、なんかもう全部お願い。」

こんな無茶なお願いも嫌な顔一つせずにこなしてくれるUMIスタッフマジ有能。
ドラムセット左利きセッティング(全部逆)なのにやってくれる。

んでゲホゴホいいながらドラムに向かう僕。
録音するのが元気な曲なので、もしトチったらもう一回叩く体力無い…という自業自得なプレッシャーと戦いながらのドラム録りでした。

2曲マッハで叩いて、昼ごはんにカレー食べて退散。
良い曲に仕上がってますように。

(ドラムは一番最初に録音するのだ。)

4/3 ライブ@太陽と虎

2 Comments 駄日記,

こんばんは、さきほど家の前をアライグマが歩いていました。
たぶん僕が育てているトマトやソラマメを狙っているに違いない。

あんな奴に精魂込めて育てている野菜を洗われるわけにはいかん!
警備強化します。やっちんです。

さて、4/3に神戸太陽と虎にてひっさしぶり、3か月ぶりぐらいの正規メンバーでのライブ。
月並みながら「ライブ楽しい!」と「ブランクやべぇ」に挟まれながら、エアドラムソロなんかを披露したりしてました。

ワタフラ@太陽と虎 ライブ

カニスタイルで入場も、スティックが邪魔でカニ出来ずテンション下がる。

ワタフラ@太陽と虎 ライブ ほんまやー

久しぶりに吠える。「ほんまやー」

ワタフラ@太陽と虎 ライブ ドラムという名の要塞

ドラムという名の要塞に座る。

ワタフラ@太陽と虎 ライブ イヤモニ

散髪したので、イヤモニが目立つ。

ワタフラ@太陽と虎 ライブ ドラムという名の要塞ワタフラ@太陽と虎 ライブ てんとうむし

3か月ぶりのてんとうむし。

ワタフラ@太陽と虎 ライブ ドラムという名の要塞ワタフラ@太陽と虎 ライブ アイコンタクト

「おめぇの言うことは聞いてやらねぇ!」
サポートできてない。

ワタフラ@太陽と虎 ライブ ドラムという名の要塞ワタフラ@太陽と虎 ライブ サムアップ

20年ドラム叩いてきたけど、笑えるライブが一番。

ワタフラ@太陽と虎 ライブ ドラムという名の要塞ワタフラ@太陽と虎 ライブ 集合写真

再スタートを祝ってくれるみなさま。
僕はおかま座り。

(撮影 おはな)

まぁこの冬はもうほんと死ぬんじゃないか、ってレベルで仕事やなんやと忙しかったのですが、そちらは気持ち…ほんの少し落ち着き、代わりにドラムの現場がどんどん増えてきます。
うれしいですね。

今年もよろしくお付き合いください。
(エアドラムソロに)

灘区民ホールでのライブを終えて

2 Comments Music,,

1428934089892

どやぁー!

こんばんは、何年もドラムをやっていると、このようにオーラを発する事が可能です。
やっちんです。

しかしなんて写真だ。神がかっている。これは認めざるを得ない。僕は神だ。

さて、ワタナベフラワーの灘区民ホールライブ終了。
んでその後摩耶山の野外フェス、神戸ストラット開催のお知らせおよびオフィシャルサイト制作&稼働。

神戸ストラットオフィシャルサイト

ナタリーにも記事が載ってたね。

毎度のことながらンもうすんごい無茶なスケジュール。
COMIN'KOBEの時期はそうでなくてももうシッチャカメッチャカなんだけど、そこに重なる仕事仕事アンド仕事。お人よしも大概にしないと死ぬね。

ライブの模様はもう各メンバーがアップしてたり、オフィシャルサイトにも公開されるのかな?されないのかな?
わかんないけどこのブログでは僕の写真は許可いらないので掲載。

1428934216962

何か機材トラブルが多かったけど楽しく叩けました。
イヤモニ導入してからは、事故レベルのトラブルはあんまりない。
左利きドラマーは本当にトラブル多いからね。

1428934219143

演奏中、ヴォーカルが熱唱している後ろで真顔。

では、今月はフェスが多いので、また会いましょう。

Photo by おはな