Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

今村モーターショー終了・雑感

4 Comments 駄日記

こんにちは、ACアダプターって充電器部分をぶつけてもよし、分胴にして巻きつけてもよしの万能武器だと思うのです。
やっちんです。

20日、今村モータース主催ライブイベント「今村モーターショー」が無事終わりました。

「自分が見たいバンドだけ集めた」

というこのイベントにサポートドラマーとして参加させてもらいましたが、まぁこれが。
近年稀に見る良イベントでした。

出演した4組のアーティストのどれもが素晴らしかった。捨てバンドなし。
でも、正直そこまで入ると思っていなかった「沢山のお客さん」、そして他の何処にもいない「いけてるライブハウススタッフ」みんなで作り上げたあの空間。

「あぁ、ライブ終わって欲しくないな」

と演奏中に考えたのは本当に久々。
あぁ駄目だな、ただのライブレポートになっちまう。

ミュージシャンのスタンスって色々あるじゃないですか。
どんな形であれ、楽器を持って、聞き手(目に見えても見えなくても)に向かい合ったらそれはミュージシャン。
正直今の自分がどういうスタンスで向かい合えば良いのか良く分からないでモヤモヤモラモラしているのですが、この日、僕の隣でギターを弾いてたヤツが最後に言ったんですよ。

「僕はずっとここで歌っていますから。」

不覚にも刻まれてしまいましてね。
その言葉を胸を張っていえることに。バンド解散してから3年、一人で弾き語り続けてきたその説得力に。

なんかあまり褒めるのも気持ち悪いからもうやめますが、この日来てくれた、見てくれた、声をかけてくれた皆さんありがとう。

あと、僕がコーラスをした事は忘れてください。
だってコーラスなんてろくすっぽしたこと無いヤツに、ライブ前日になって「ここ、こんなフレーズでコーラスしてください」
とか言うんだぜ?
恥ずかしくてライブ始まったとこなのに死にそうだったわ!
(ボーカルスクール通おう・・・)

そうそう、僕が「イケメンサポートドラマーです」と紹介されたときに「えーうそぉ~!」と大声で否定してくれたキサマ。
顔は覚えたからな。(嘘です)

では、またどこかで会いましょう。

(客席中に響き渡ってたじゃねぇか)


  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂
    著者廣嶋 玲子

  • 駄日記
    著者花村 萬月

  • 駄パンその他
    著者古川 緑波

  • 駄菓子屋日記
    著者脇田 はる

  • COMIC X-EROS #68 2018年 8月号
    著者駄菓子ディビサバイバル刃変熊武藤まと鬼頭サケル富士やま楝蛙gonza蒼井ミハル東雲龍いづれタカハシノヲト高橋屋たかべえ右脳のなかたまちゅーりっふ。ミカリン池瀧玩具店和六里ハルflanviaミナギリヨシラギよこしま日記けろりんしっかり者のタカシくん