Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

色々とお知らせ。

No Comment 駄日記

某所でライブをしまして。
初めて人前でボサノバを演奏したんですが、難しいのなんの。
リハーサルでなんでもなくやれていたことが、ライブで失敗するする。
普段から練習不足(言い訳はしないけど理由あり)を口にしてますが、10年間叩いてきたポップロックドラムってのはなんだかんだで最低限身についていたんだなぁ…と再確認。

でもなんでも出来なきゃだめなんだ。

なんでも出来ちゃうはずなんだ!

今度はきっと!1、2の3!

 

こんばんわ、古いCMからの引用で申し訳ない。最近CMのキャッチコピーなどに変に感心してしまうやっちんです。

お知らせが数点。

まずNPDオフィシャルサイトをリニューアルしました。

コレは最近とある事情でWEB関係をまたちょっと勉強しておりまして、そのついで(失礼だな)にちょちょいといじりました。
正確に言うと、勉強していることを覚えているうちにやってしまいたかったってだけなんですけど。
なにぶん僕の脳は短期記憶しか持ってないものですから。

で、サイトの不具合があれば教えてください。
特に携帯から見れない!(携帯サイトはリニュしてません)などがあれば、携帯の機種なんかも教えてもらえると嬉しいです。

あと、「デザインがダサい!」とかいう苦情は一切受け付けません。
そんなふざけたことを言う奴は、サイト作るのがどれだけ大変かっていうことを身体で分からせてやります。
つうか二度と作りません。
IE(インターネットエクスプローラー)でフラッシュ見る時のあのワンクリックする手間をjavaで解消する作業がどれだけ大変か!(関数大嫌い)
全部忘れてたjavaとかcssを勉強しなおしてインラインフレームもどきをつくるめんどうくささよ!(でも覚えたらめちゃ便利!)
WEB作成ソフトが対応してないタグを手で書いたのなんてめちゃ久しぶりだよ!
パーミッション設定いじるとかまじ怖ぇぇぇぇぇ!(CGI分かりません)

多分忘れてること一杯あると思うんで、まだリニューアルβ版ということで…。
ソースみないで下さいね。めちゃ汚いんで。
(びびり)

さて次。

日付では明日、3月6日に大分県のライブハウスTOPSでライブやります。
僕としては今回の最優先事項はうまいモン一杯の大分県でグルメお買い物なんですが、近郊でお暇な方は、是非遊びに来てください。

お次!

えっと、シンポジウムのお知らせです。
本来完全に自分のためにこの馬鹿サイトをやってるので、こういったお知らせをするのはどうかなぁ…と思ったんですが、今日ちょっとアート、アーティストについて物思う出来事があったので、せっかくですから告知させてもらいます。

3月24日(土)
帝塚山大学・学園前キャンパスにて丹下鉱希氏(Mr.Children、浜崎あゆみ、Salyu、MISIA、CHEMISTRY、桑田佳祐、中島美嘉、元ちとせなどを手がける映像作家)、塩屋俊氏(俳優、監督。出演作「釣りバカ日誌9」「釣りバカ日誌10」、NHK大河ドラマ「徳川慶喜」、映画「BEAT KIDS」)をお迎えして行われるシンポジウムだそうです。
詳しくはこちらのサイトで。

つうかシンポジウムって何?横文字わからん。

それでもね、この両氏の肩書き見ても分かるとおり、本当に活躍している人間の話というものを聞いて損することは絶対無いと思うんで、お近くにお住まいの方、興味をお持ちの方は行ってみたらどうでしょうか。

 

さて、それでは時間軸上で成り立つ数少ない芸術、音楽。
そう言えば大層ですが、とどのつまり、自分と人の笑顔を増やすために、またドラムを叩きます。
WEBも作ります。
つまんない冗談も飛ばします。

そのために苦しい事もガマンしましょう。
無理ない程度に。

ほな。

(うんこー)



  • COMIC X-EROS #78 2019年 6月号
    著者むちゃサバイバル刃東雲龍駄菓子いつつせflanviaひっさつくん鬼頭サケル高橋屋たかべえ麻冬HEMPオノメシンgonza神谷ズズひさぎ焼きトマト塩おにんこ池瀧玩具店よこしま日記鹿成トクサクさつきあしゃfu-taミナギリ新羽隆秀ヂイスケtes_mel里崎

  • 駄菓子屋日記
    著者脇田 はる

  • 駄日記
    著者花村 萬月

  • COMIC X-EROS #68 2018年 8月号
    著者駄菓子ディビサバイバル刃変熊武藤まと鬼頭サケル富士やま楝蛙gonza蒼井ミハル東雲龍いづれタカハシノヲト高橋屋たかべえ右脳のなかたまちゅーりっふ。ミカリン池瀧玩具店和六里ハルflanviaミナギリヨシラギよこしま日記けろりんしっかり者のタカシくん

  • 駄歩だほ日記―おっさんが、歩いた泣いた「おくのほそ道」
    著者上川 謙市