Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

イヤモニ購入

1 Comment 駄日記,

Prophonic 2XS

プロ用イヤホン買ってもた、Prophonic 2XS。

こんばんは、やっちんです。

えらいことです、ドラマーである自分が持っているどの機材よりも高いのがイヤホンて。

普段いろんな現場でドラムを叩いておりますが、可能な現場ではイヤモニ(自分用のモニターをイヤホンでもらうシステム)で演奏しております。

これには

・各楽器を小さな音でバランス取って聞ける(遮音性が高いイヤホンの中で音作りをするので、耳を傷めない)
・↑のため、ステージ上でドラムのモニターが流れないことで、ステージ上の音がうるさくならない→他パートにもGood
・同期音源・メトロノームなどを合わせて聞けて、手元でバランス調整できる

いろんな理由があるのですが、僕個人にとって一番大事なのが、

「左利きであるがために起きる『回線トラブル』が減る」

です。

今まで本当にいろんな場所でライブを行ってきました。
小さいところでは幼稚園、ショッピングセンター、祭りの舞台、トラックの上、そして走るトラックの上、ビアガーデン、チャペル、病院、水上ステージ、道端からライブハウス、講堂、コンサートホール、野外フェス大ステージ、果ては数万人入る大ホールまで…

いろんな環境もそうですが、リハーサルがないイベント、現地に到着したかと思えばもう演奏、なんてこともざらです。

で、左利きのドラマーというのは非常に面倒なことに、ドラムセットが全部逆、つまりマイクの位置も全部逆。
セッティング時に回線を引き直すことになります。

なので、回線トラブルがしょっちゅう起こります。

僕「音が鳴りません!!」 →モニタースピーカーにケーブルがつながってない

僕「ギターの音をください!違うベースのコーラスが上がってる!ギターあげて!違うベースじゃない!耳壊れる!」 →マイクのケーブル繋ぎ間違え

他パート「ドラム聞こえてこない」 →ドラムのマイクがつながってない

上記のようなトラブルがしょっちゅう起こります。
通常ライブハウスで数バンドが演奏するときは、基本的にドラムのマイク回線はほぼ動かない(太鼓の数が変わるなどを除いて)のですが、左利きの迷惑ドラムがステージに立つと一気にドラム回りが忙しくなります。
どうしてもトラブルが起きる。忙しい現場では音響さん責められない。左利きに生まれてごめんなさい。悪口は僕の聞こえないところで言ってくださいね。
ちなみに左利きのメリットは「目立つ」、これだけです。これも大事ですが。

こんなネガティブなスタイルではネガティブなリズムが生まれてしまいます。
なので、あらかじめイヤホンとボリュームを調節するミキサーを持ち込み、リハーサル・本番前に回線チェックすることでトラブルを減らしているわけです。

こないだの神戸ストラットでは、出演時にかぼちゃのマスクかぶることになって、本番直前に

「うわ!マスク邪魔でイヤホンつけられへん!」

(イメージ)

「マスクがずり落ちてきて前が見えない!」
「マスクが邪魔で首が回らない!」
「マスクがスティックにひっかかる!」

滅茶苦茶でしたけどね。

まぁ何が言いたいかっていうと、

「ドラムが止まればライブは終わり。モニターが聞こえなかろうが被り物が邪魔だろうが目が見えなかろうが、勇ましく叩け。」

ってことです。
ほな、また。

(全然違う)

カボチャあたま

2 Comments 駄日記,

こんばんは、やっちんです。

ありがたい事に年内休みなしが先ほど決定しましたが(死ぬ)、仕事の合間にも「遊び心を忘れない」というサボりに非常に便利な言葉を使いこなして、

ハロウィーンにジャック・O・ランタンを作る

カボチャを作っております。

先日行われた「神戸ストラット」(弊社制作の可愛いHPはこちら)と同時開催されていた「六甲アイランドハロウィン」、2日目は残念ながら一部開催になってしまったのですが、ちょっとお邪魔して「ハロウィンのカボチャ」を買ってきました。

そもそも何故ハロウィンでお化けの仮装をしたり飾りつけをするようになったのか?
最近急に盛り上がってきたため、僕自身その由来があやふや(ケルトの祭り、程度の認識)だったのですが、端的に言いますと

「10月31日(古代ケルトの年末)の夜にこの世とあの世を隔てる扉が開かれ、死者や恐ろしい魔物、魔女が現世にやってくる。
その時に怖い魔物の仮装をすることで、
「自分たちを魔物の仲間だと思わせれば、襲われない」
「恐ろしい魔物の姿で悪霊を追っ払う(魔除け)」
と信じられていた、ということです。

ほな、怖いの作らな。

ハロウィン

まったく、

ハロウィン

簡単・・・

ハロウィン

だ!!

てなわけで完成。

制作時間は20分ほど。
簡単にできました。

魔物に襲われないように、玄関に飾りに帰ります。

ハロウィン

(今日仕事してない)

おまけ。仕事帰りの不審者。

ハロウィンカボチャを持ち帰る

グラシアス

2 Comments 駄日記,

こんばんは、「よろしおす」と「グラシアス」って似てますよね。
やっちんです。

最近は毎日家の前のプランターで作っている小松菜を食べている、小松菜おじさんと化しております。
食べきれないので近所に配って回る不審者です。

小松菜ベビーリーフ

小さいベビーリーフはサラダに。
パンにケチャップとチーズと小松菜を載せて偽ピザを楽しんだりもします。

大きくなったものはお浸しにでもして食べるかな。

ほな、また。

約15年ぶりの江坂MUSE

1 Comment 駄日記,,

こんにちは、蚊に噛まれたときに貼る「アンパンマンパッチ」という商品の存在と効果(貼ると痒くなくなる気がする)から、庭仕事の後は肘や膝がアンパンマンで彩られているおっさん、やっちんです。

先日、ライブで江坂に行ってまいりました。

実は僕の音楽キャリアの中で初めてCD制作のためにレコーディングを行ったのは、この江坂にあった江坂Boomin Hall併設のレコーディングスタジオでした。
なんと15年前。

この15年間は人並みに色々ありましたが、この日ワタナベフラワーのライブで江坂MUSEと名前を変えた場所で多分13年ぶりくらいにライブを行いました。

江坂MUSEにてワタナベフラワー

何度かこのステージ(おそらく改装前の)に立ったはずなのですが、全然覚えていない。
懐かしさのかけらもない。

あの頃の共演者はどうしているだろうか…。

僕は

江坂MUSEでドラムを叩く

相変わらずドラムを叩き、

空を飛ぶクマガイタツロウ

よくわからないことになっている写真を撮られたりしております。
(一部モザイクをかけております)
成長してるんだかしてないんだか、って感じですね。

で、この日もかなりタイトだったので直前に入ってライブ直後に飛び出させてもらったのですが、ライブハウスが入っている建物を出た瞬間、強烈な既視感に襲われました。

居たわ僕隣のレコーディングスタジオでドラムを叩き、その後この搬出口から出たときに録音したハイハットの音がやっぱり気に入らなくてでも知識やスキルがないからエンジニアさんにどう伝えたらいいか分からなくて途方に暮れたんだその時には江坂は住宅博覧会やってたから用事もないのにふらふら行ったわ…

人間どこで何を思い出すか分からないものですね。

それでは、また。

台風でユーカリが折れた

1 Comment 駄日記

おはようございますというかこんばんは、用もないのに午前3時に起きてしまうようになり、こうなったら一周して正常な就寝時間、睡眠時間に戻したいと思っております、やっちんです。

先日の台風で

台風で倒れたユーカリ

かわいがっていたユーカリがダメになってしまいました。
4メートルほどに育ってたのに…。

前にも折れたのですが、根が残っていればすぐに伸びてきました。

ただ今回は、根のほうからかなり曲がってしまって道路に伸びて危険ということで、

ユーカリの根は浅いからか、倒れやすい

根から掘り起こして処分することに…。
あれだけ伸びてた割に根が全然張っていない…。
悲しみに暮れながら木を折る。

わずか45リットルのごみ袋に収まってしまった・・・。

で、

ユーカリの新芽

先の方だけを残して家、会社のあちこちに飾ります。
根が出たら今度は鉢植えで育てようと思っております。

ほな、また。