Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

【柿】男40、遂に製菓に手を出す2【タルト】

2 Comments 駄日記,,

こんばんは、おっさんがスイーツに挑戦するので枯れ専向けのタイトル
「おっさんスイーツ」
「ちょい悪スイーツ」
「アダルトスイーツ」
などいろんなタイトルを考えましたが、どれも全部まずそうで不本意ながらおっさん、というキーワードは封印しました。
やっちんです。

前回は、親父が畑から持って帰ってきた栗を使ってモンブランを作るという試みでしたが、畑の主である叔母にモンブランを送ったところ、畑の柿と製菓道具が返ってきました。
手にしたものはやるのが礼儀ですので、今回はタルトに挑戦いたします。

柿のレアチーズタルト!

柿にエチレンガス

畑から届いた柿はまだ青かったので、成熟を促すためにリンゴと一緒に袋に入れます。
そうすることでリンゴから出る「エチレンガス」が柿を熟させてくれるのです。

金曜日に柿を袋に入れて、週末ライブを終えての月曜日。

エチレンガスで熟しすぎた柿

熟しすぎた。
(画像ではわかりづらいですが、真っ赤に熟してます)
リンゴと一緒に入れるだけでそんなにマッハで完熟ジュクジュク熟れすぎ熟女になるとは思ってなかった。
もう猶予が無いので、仕事ほったらかして製菓にかかる。

柿のタルト

先日作ったモンブランでは
「スポンジケーキこだわってるくせにタルトは出来合いかよ」
というご意見を頂いたので、まずタルト生地を作る。
なで肩を怒らせて砂糖とバターを混ぜる。カルピスバター?を使用。

柿のタルト

今回も背景に気を使って、法〇寺をバックにかき混ぜます。
柿食えば~

柿のタルト

なれないヘラさばきは一生懸命さでカバー。
練った後は冷蔵庫で休ませます。

柿のタルト

その間に、レアチーズケーキに入れる柿を剥いていきます。

柿のタルト

思ったより完熟過ぎて、まともに剥けません。

柿のタルト

レアチーズケーキ部分を作るため、クリームチーズと砂糖、ヨーグルト、レモン、バニラエッセンスを混ぜます。
製菓とは、混ぜることと、見つけたり!

柿のタルト

脇が痛い。

柿のタルト

生クリーム、ゼラチン、そして熟女柿を投入。

柿のタルト

ひたすら混ぜて一生懸命かまったあとは、得意の放置プレイ。

次に、休ませておいたタルト生地を取り出し、

柿のレアチーズタルト

麺棒で伸ばす。厚さ3mm程度。
ドラムで鍛えた僕の指先は、ミクロのずれも許さない。

柿のレアチーズタルト

叔母から譲り受けたヴィンテージタルト型を使用。

柿のレアチーズタルト

法〇寺をバックに張り付けていく。
楽しい。

柿のレアチーズタルト

フォークで空気穴を開けていく。
息の詰まる現実社会からの逃げ道を求めて…

柿のレアチーズタルト

先日赤字で購入したオーブンレンジを無理やり活躍させる。

柿のレアチーズタルト

25分後、焼きあがる。

柿のレアチーズタルト

レアチーズ部分を流し込む。

柿のレアチーズタルト

いやーん美味しそう、量ピッタリ!
冷蔵庫にて冷やしている間に、

柿のレアチーズタルト

上に搭載する柿MK-Ⅱを準備する。
完熟過ぎて剥くのが大変。

柿のレアチーズタルト

グロやん。
柿ってこう、もうちょっとなんか固くね?

柿のレアチーズタルト

まぁ完熟ってことは甘いってことだべ、冷やしておいたレアチーズタルトの上に盛り付けていく。

柿のレアチーズタルト

むっず!
奥に鎮座する熟しすぎて形を失った戦士たち…

柿のレアチーズタルト

ジャムにすることで弔う。
(雑コラ)

柿のレアチーズタルト

んもーやわらかすぎて全然まとまらん!

柿のレアチーズタルト

なんとか形にする。

柿のレアチーズタルト

生クリームを混ぜる。
蛇足?叔母から譲り受けたハンドミキサーが使いたいだけです!

柿のレアチーズタルト

クッソ下手ながらも生クリームでのデコレーションに初挑戦。
おじちゃん、リズムにゴーストノート載せたり、シャッフルしたり、ドラムのオカズは上手なんだけどね、食べるほうのオカズはあんまり分からないんだぁ…。

あとついでに家の庭からむしってきたミントを載せて、完成!

柿のレアチーズタルト

柿が十分甘かったので、佐藤も吉田も足しませんでした。
美味しい!
柿、あんまり普段は食べないけど、よくできたと思います!

完熟過ぎるので即日消費する必要があり、会社の皆さんに食べていただきました。
叔母に写真だけでも、と送ってみたのですが…

クルミ

今度は畑のクルミが返ってきた…。

(終われない)

【マロン】男40、遂に製菓に手を出す【モンブラン】

4 Comments 駄日記,,

モンブランつったらコレだろ!

こんばんは、生まれてから漢道をひた走りぬいてきましたが、そもそも体毛少ないし肩幅狭いし、男向いてないわ。

料理とかやりだしたら、完全無欠のパーフェクトヒューマンになってしまって、女の子も寄り付かないわ。
そんな自分への言い訳が出来ないほどに、親父が田舎の畑から栗を持って帰ってくる。

職業がドラマーということで、会社の事務所には電子ドラムがあり、眠気に襲われたりデスクワークに飽きたときに練習するのですが、
最近、出勤すると

電子ドラムの床に野菜

電子ドラムのわきに、秋の味覚が供えられている。
親父がごんぎつねになっている模様。

いや、秋の味覚がそないに好きではないんですよ、僕。
さつま芋、栗、カボチャ、そしてそれらを使った新作スイーツがコンビニに所せましと並ぶじゃないですか?
あんまり歓迎してないんですよ。

ただ、僕のようなタイプの人間に言えることは、
「自分で作ったものは食う」
です。

先日作ったマロングラッセががっつり余っている&叔母さんから追加の栗が届いたので、とりあえず消費する必要があります。

想像するにたやすいですね、モンブランです。

スポンジケーキを作る

まずはスポンジケーキを作る。
Amazonでパナソニックのオーブンレンジを注文。(この時点で3万円の赤字)

卵と砂糖を混ぜ合わせる。
最初ハンドミキサーを使おうと思ったのだが、叔母さんがくれたキティちゃんの凄く古いハンドミキサーをコンセントに入れた瞬間、

「ウイーーバチッッッ!」

という聞いたことない音と、透明でないパーツがまばゆく光ったのち、うんともすんとも言わなくなりました。

なのでハンド(手)ミキサーで頑張る。

※工場の背景が見苦しいので、背景はヨーロッパアルプスの最高峰、「モンブラン(山)」に差し替えております。

モンブランづくり

垂れるクリームで文字がかけるくらい、混ぜる!混ぜる!

モンブランづくり

型に入れる。

モンブランづくり

Amazonから届いたオーブンレンジを早速使用!
請求書は親父の研究室に忍ばせる予定!

モンブランづくり

30分スポンジを焼き上げている間に、先日作ったマロングラッセを取り出す。
会社の人たちに食べていただきましたが、好評でした。
僕は、栗好きじゃないです。

モンブラン作る

ブレンダーで栗をつぶし、生クリームと混ぜる。

モンブラン作る

潰した栗を裏ごしして滑らかに。

モンブラン作る

滑らかマロンがこちら。

モンブラン作る

パティシエが良く使うチューブのアレ(名前分からない)に詰めておく。

チーン!

モンブラン作る

スポンジケーキ出来た!

モンブラン作る

モンブラン大に型抜きする。

モンブラン作る

タルトカップ(既製ですまぬ)にスポンジケーキを入れて、マロングラッセ、生クリーム、そしてマロンクリームを載せていく。

モンブラン作る

これは親父の分!これは叔母さんの分!これはクリリンの分!

モンブラン作る

集中して栗を搭載していく。
集中しすぎて瞳孔開いてる。

モンブラン作る

出来た!

「畑で拾った栗から作ったマロングラッセから作った森の妖精と動物たちのハピネス♪モンブラン」

ここに完成!

大変美味しくいただきました。

そして、栗を親父に持たせてくれた、
叔母さんの家に嫁入りするモンブランたち。

モンブラン作る

ケースは100均で買った。

「親父!これを叔母さんのところに持って行ってくれ!」

後日、親父づてに

「美味しかった」

という返事と、柿、さつまいも、そして

モンブラン作る

叔母さんが使っていたであろうヴィンテージ製菓キットが届く。

To be continued...されてるやん⁉

(秋の味覚好きじゃないって。)

EC-CUBE3 商品マスター、受注マスター、会員マスターページ表示時にデフォルトで全検索結果を表示

No Comment html,css,php,

EC-CUBE Version 3.0.16

商品マスター、受注マスター、会員マスターページでは、遷移してから「検索する」を押さないと全検索結果が表されないので、アクセス時に全検索結果が表示されるように改修。
/app/template/admin/Customer/index.twig
/app/template/admin/Product/index.twig
/app/template/admin/Order/index.twig

各ファイルのjavascriptが書かれている40行目
$(function() {
の次の行に

if($("#result_list_main").length == 0){
    $("#search_form").submit();
}

ペースト。
※/app/template/admin 以下が空の場合は、テンプレートファイル
/src/Eccube/Resource/template/admin/
の中身をコピーしてアップしておく。
上記ソースそのものを変更しないこと。
参考URL

栗は熱いうちに打て ~マロングラッセ作る~

6 Comments 駄日記,,

こんにちは、デスク仕事で出来る蕁麻疹を消すために、野菜を作ったり山に登ったり。
結果的に秋をエンジョイできている気がします、やっちんです。

親父の畑でをたくさん入手しまして。

毎年良い栗が落ちているのですが面倒くささから放置されて腐ってしまうため、これを何とかしたいという思いから、
「マロングラッセ」
を作ることにしました。
マロングラッセ、普段聞きなれない言葉に一抹の必殺技感を覚えます。

山崎の栗

・鬼皮剥き

栗を剥くのに「栗くり坊主」というハサミのようなものがありまして、これで外側の堅い皮「鬼皮」を剥きます。
普段IT仕事で脳みそばっかり使っているので、こういった無心でムキムキする作業が癒しになります。

くりくり坊主で栗を剥く

細かいところは手で。

くりくり坊主で栗を剥く

重曹を入れて煮て灰汁を取ります。

栗ぼろんぼろん~!

栗の灰汁

グロレベルで灰汁が出ます。

言うても工場であるうちの会社のキッチンはキレイなものではありませんので、

ハワイっぽく加工

背景をアロハでさわやかな南国風にしてお送りします。

魔女の鍋

灰汁が出まくるグロ魔女鍋はノー編集で。
結局3回くらい水を変えて灰汁を抜き、さらに水で重曹を取ること2回。

なんとなくほくほく感。

あく抜きした栗

何となく落ち着いてきたところに、三温糖とブランデーをぶち込みます。

こんな入れるの⁉(栗2kgに砂糖1キロて!お菓子ってすごいね)

躊躇なくドバー。

さらに煮込みます。

落し蓋をして、一晩寝かせます。
なんでマロングラッセが高いって、やっぱり手間やからなんやね。

翌日、最後に煮て…

完成!
喜びで前が見えません。

タッパに詰めていきます。

完成。

大量に完成。

ここまで来てなんなんですけど、

僕、そない栗好きじゃないんですよね…。

(さてこのマロングラッセの山をどうしたものか)

続く、かも。

台風に追いかけられてハワイ

2 Comments 駄日記

あらすじ… 今年は週末ごとに台風が来てライブ・イベント現場が何度も無くなったことに嫌気がさしてハワイに逃げるも、台風がハワイまで追いかけてきて滞在中に嵐待ったなし。そして出会うガイドさんガイドさんが「嵐といえばジャニーズの嵐がハワイでライブやったの知ってます?それが~」という切り口で攻めてくるのに嫌気がさした旅行でした。

間違えた、まとめにしてしまった。

こんにちは、やっちんです。
思わずあらすじでまとめ終了してしまうくらい憂鬱なトロピカルストームでした。
(台風ほどではないけど強い嵐の熱帯低気圧をトロピカルストームと呼ぶそうですよ)

さて、下調べをほぼしないでハワイ島着。

現地は晴れ。2日目からの嵐確定がうそのよう。
ちなみに現地の予報では

19日(帰宅日)まで晴れマークが出ることはありませんでした。
逆にレア。ハワイまで来て。

空港に到着すると、H.I.Sが用意してくれていた

ハワイ リムジン

ギャグのような送迎リムジンに乗り込んでホノルルへ。

ハワイ リムジンの内装

内装もギャグ。
午前着でしたがホテルはチェックインさせてくれるとのことで、ひとまず荷物を置きに。

ハワイの歯ブラシ、でかい

歯ブラシも大きすぎて奥歯に届かない。

ひとまずハワイにおいてもWEB制作の仕事やリリースがあるので、時差を計算しながらVPNなどネット環境の確認を行い、ごはんを探しに出かける。

ロコモコ

ハワイといえば、で安直にロコモコを食べる。
特に好物でもないので滞在中2度目のロコモコはなかった。

二日目。

結構グレードの高いホテルを選んだのだが、基本内装品がどれも大きく隙間だらけで、mac bookがタンスの裏に落ちて取れずに朝から四苦八苦する。

ひとまずハワイといえば、のアラモアナショッピングセンターに出かけるも、

・バス停の位置が間違っている
・疲れから乗り過ごす
・嵐を予感させる雨と風が到来
・アメリカンで雑なシールで指を切ってタイピングが難しくなる
・現地で借りたスマホにも日本で見飽きたアラートが毎日のように届く

↑洪水の危険が迫ってるぜ、の緊急アラート

とハワイ側が全力でテンションを下げてくる。
こんなハワイは逆にレアだろ!とアゲアゲで窓の外を見ると

わーこれがハワイかー

ちなみに普段のトロリーバスは

わートロピカルー。

雨の日はビニールで雨風が入らないようにしてくれるって知れてよかったです!
(半ギレ白目)

今回は何も用意せずにやってきたので、とりあえずビーチサンダルや泳ぐときの色々を買う。
あまり派手でないものを選んでホテルに帰ると

ブラジルの国旗やったわ…。
南米的なノリを本能で求めていたのでしょうか?僕は。
寒くて海にも入らず、中華料理を食べて就寝。

三日目。

「外国に来たなー!」

と僕が個人的に強く感じることが出来るのは、現地の草むらや植え込みを見た時。

日本では値の張る植物が雑草か、
ってレベルであちこちに生えているととてもテンションが上がります。

例え外が嵐だろうがな!

バスから見えるビーチにも誰もいねぇよ!

幸い昼から雨はやんで曇りとなったので、

植物とか

ハワイの雑草

雑草とか見て回る。

夜はBillsで食事し、イケメン兄ちゃんにチップをはずんだ。

4日目。

ホテルの朝食が屋外で食べられるのだが、雨上がりなので

「濡れてるよ、注意」

と書かれたバナナが置いてあった。

この日はAmazonに買収されたばかりのホールフーズ・マーケットに行き、オーガニックっぽいジュースを買おうとするも、

パッケージの絵からパイナップルジュースだと思って買ったら、ほとんど中身がジンジャー、ジンジャー9割パイナップル1割の商品で、辛くてまともに飲めず。思考停止は良くない。

道端の草や

芝生、雑草、そして

オートグラフ・ツリー

怪しい木の実(ハワイの街路樹、オートグラフ・ツリーの実。変な実ですね)などを見てから、
全米ナンバーワンに選ばれたビーチ、ラニカイ・ビーチを目指すも、またバスを乗り過ごして迷子。

超高級別荘地をさまよった挙句、

ラニカイ・ビーチ

ラニカイ・ビーチ

プライベートにもほどがあるビーチに到着。
別荘と別荘の間にいくつかこういった場所があっておそらくメインのビーチにつながっているのだろうが、満潮だったのか渡れない。
仕方がないのでメインのビーチまで延々歩く。

ラニカイ・ビーチ

ついに到着!
これが全米ナンバーワンに輝いたことがある、ラニカイビーチ!

バスの時間なので5分で撤退、帰投。

あぁ、

晴れてきたわ…。
(ホテルまでバスで小一時間)

晩御飯は友人に勧められたイタリアン「アランチーノ」で

ハワイ・アランチーノのウニパスタ

アランチーノのパスタ

ウニのパスタなどを食べる。
食べ物がおいしかったら、旅は成功といえる。
物価日本より高いけど。外食するとチップ代が2割加算されてえげつないことになるけど。

ハワイ・ヒルトンの花火

ヒルトンが上げる花火を見ながら、金持ちってたくさんいるな~…と帰途についた。

後半に、続く。