Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

ジョン・マスター・オーガニックに騙されたので、オリーブの収穫からガチでオーガニック石鹸を作ってみた

2 Comments DIY,,,

こんにちは、この夏から頭皮トラブルが酷くて、ちょっとでも髪にいいものを…!とオーガニックシャンプーを使いだしたら、9月にそのシャンプーが成分偽装で自主回収騒ぎになっていることを知り、絶望しましたやっちんです。

偽装なのか誤表記なのか、そのあたりは「ジョンマスター 偽装」あたりで検索して頂くとして、僕と僕の頭皮のショックは計り知れない。
抜けた髪の量も計りたくない。

全商品でほとんど成分が間違ってるとか、

公式「返金対応はしない、正しい表記の商品と交換する」

それって中身は一緒のものが返ってくるだけやん…。
とか全く納得のいかない対応事ばかり。
※ちなみに百貨店(大丸)で購入したシャンプー類は、クレジット、レシート、何かしら購入履歴が分かるものがあれば、大丸が返金対応してくれました。百貨店最高!

いや百貨店の公式ショップで可愛いお姉さんに

「えー、家でラベンダー育ててるんですか?オーガニックの才能ありますね!」

とか言われて、オーガニックの才能ってなんだ?とか思いながら気が付いたら1万円以上のシャンプーやらリンスやら風呂上りにつけるスプレーみたいなん買ってた自分をビンタしてやりたい。

もう誰も、信じない。

何がオーガニックだよ。
てか、オーガニックってなんだよ。
「WEB : 農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。」

そうだよ、商品が形をなす前のことなど知ることはできない。
JAS(日本農林規格)はどこまで厳格なの?
じゃあ真の意味のオーガニックって自分で播種から全部見てないと確定できないじゃないか!
いや、種の時点で防腐処理をされてたら…そもそもその種を実らせた木がオーガニックではなかったら…?

鶏が先か卵が先か、になってしまう!
もうオーガニックかどうかは、自分で決める!

俺が、オーガニックだ!(刹那・F・セイエイ)

オーガニックシャンプーに費やした数万円(8割帰って来たけれど)を真の意味で取り返し、自分の心の中に平和が訪れるためには、

自分で、作る。

そう決意した時に某デザイン会社から一本の電話。

「やっちん、オリーブの収穫とか興味ない?」

オリーブ…油…石鹸!

そうだ、自分でオリーブを収穫して、オリーブオイルを精製し、そこから石鹸を作ればいいのだ!

「やっちんと申します、オリーブオイルで石鹸を作るために参加しました!」

気が付けば有志が集うオリーブ収穫イベントで自己紹介していました。

某所のオリーブ

神戸市某所のオリーブ。
基本街路樹として植えられて(放置ぎみ?)なので、僕的オーガニックと認定。
※もちろんきちんと許可を得て採取しております。

オリーブを集めるためのネット

100均で売っている、洗濯ばさみを集めるネットを腰に装備。
これに収穫したオリーブの実を集めるのだ。

オリーブの実収穫

放置気味の枝ぶり、雑草…間違いない、これはオーガニック!

オリーブの実、青

完熟でない早摘みのオリーブ。
これがエキストラバージンオリーブオイルになるんだって。

熟しかけたオリーブ

この時期は熟しかけたオリーブオイルが多かった。

1時間ほど集めた後、このオリーブイベントの主催者である某先生からオリーブに関するレクチャーを受けて、

オリーブの新漬け

先生が漬けた「オリーブの新漬け」を頂く。

オリーブの新漬け

美味しい。

「パンもありますよ~オリーブオイルもありますよ~」

しばしオリーブを味わったのち、オリーブオイルの搾り方を教わる。
他の油がとれる植物に比べて、オリーブから油を取るのはなかなか手間らしい。
(油の分子が小さくて、分離するのが大変なんだとか)
しかし手間を惜しんでいては、オーガニックに傷ついた僕の心は晴れない。
挨拶もそこそこに、オリーブオイルを搾油する方法をネットで調べる。

オリーブの実

まずオリーブを洗う。

オリーブオイルを取るためには、この実を潰して手で1時間(!)揉んで、沈殿させる、という方法が一般的だそう。

今回は、

「実から種を抜いたもの」
「種だけ」
「実と種を一緒につぶす」

と分け、また、作り方も

「手でもむだけ」
「ミキサーにかけるだけ」
「ミキサーにかけて手でもむ」
「石臼を使ってすり潰す」

「石臼を使ってすり潰す&揉む」

など、いろんな方法で油を搾ってみることにした。

実だけにしたオリーブをもむ

種を抜いたオリーブを、揉む。
1時間ひたすら揉む。
非常にしんどい。

実だけにしたオリーブをもむ

並行して、石臼(何故かある)を使って挽いてみる。
紀元前にはオリーブを石臼で挽いて、藁で濾して油を採っていたそうだ。

オリーブを石臼で挽く

原始に思いをはせながら、石臼を回す。

石臼で挽いたオリーブ

石臼だと種ごとペーストにできて便利。

油が出てきたオリーブ

ペーストをジップロックに入れてもみもみ1時間。
油っぽい色の液体が染み出てくる。

沈殿前のオリーブオイル

沈殿前のオリーブオイル。油すくねぇな。こら儲からんわ。

沈殿前のオリーブオイル 表面

表面もほったらかしたインスタントラーメンみたいで不衛生的な見栄え。
(衛星には気を使ってますよ!)

沈殿させたオリーブオイル

一晩沈殿させたオリーブオイル。
油と2色の澱が出ている。

フィルターで濾したオリーブオイル

スポイトで吸い出して、フィルターで濾す前のオリーブオイル。
まだ少し濁っている。
この後に濾したオリーブオイルがとても綺麗だったのだが、写真を撮り忘れた。

色々試してみたのだが、実だけをミキサーにかけると細かくなりすぎて?揉みにくく、結果あまり油が取れなかった。
取り出した実だけをそのまま潰さずジップロックに入れてから手もみで潰す作業は、力が必要でしんどかった。
用意した石臼だとサイズが小さくて軽いためか、種ごとオリーブを入れると浮いてしまう。押しつぶすのに力が必要。
ただ、大変な分、沢山綺麗な油が取れた。

で、そもそも種からオイルって採れるんだろうか?というのが気になって、種だけを集めて石臼にかけてみたところ、

オリーブの種だけペーストにした

完全に犬の散歩で産出されるアレになってしまった。

しかし、個体に近い分かなり揉みやすく、ここからもしっかり油が取れたし、2種類の澱のうち、灰色の澱がほとんど出なかった。
(あれが実の澱なのか?)

で、実際にオリーブ工場ではすり潰したオリーブのペーストを遠心分離器にかけてオリーブの油を抽出するらしいが、あいにく遠心分離機を作る時間がない。
(オリーブは取ってそばから傷んでいくので、マッハで製油する必要がある)

オリーブオイルぶん回し

なので、自分でぶん回してセルフ遠心分離。(黄色いのはオリーブを入れたバケツ)
しんどい割にはあまり分離しない。遠心力を利用するには形状と速度を考える必要がある。
やはり機械を作るしかない。

と言うわけでオリーブオイル完成!

自家製オリーブオイルとイタリアンパセリでタイのカルパッチョ

祝いのカルパッチョ。
(自家製オリーブオイルと自家栽培イタリアンパセリで鯛のカルパッチョ。鯛は買ってきた。釣りたい)

美味しいが、ゴールはここじゃない。

いよいよオリーブ石鹸の製作に向かう。

オリーブオイルに苛性ソーダを混ぜる

まずオリーブオイルに苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)水溶液を混ぜる。
この苛性ソーダは劇物で取り扱い注意、薬局でも劇物譲受書にサインする必要があったりします。

オリーブオイルと苛性ソーダを混ぜる

50度くらいに温めながら、苛性ソーダと油が化学反応を起こして、「鹸化」するまで混ぜる。
手袋必須。

ミキサーで混ぜる

飽きたので、ミキサーで混ぜる。

鹸化

無事、鹸化しました。
ほのかにオリーブ色。これを

卵豆腐の型に石鹸を入れる

卵豆腐の型に石鹸を入れる

卵豆腐の容器に入れて…

石鹸を寝かす

発泡スチロールに入れて暗所保管。

7日ほど置いておくと…

自作オーガニックオリーブ100%石鹸

自作オーガニックオリーブオイル100%石鹸の完成!!
混ぜ物なし!オイルと苛性ソーダと水だけ!

本当なら貝殻と草木灰から水酸化カリウムを作って、水もどっか山奥の湧水を汲みに行って、などしたかったのですが、僕も仕事ありますんでね。
また今度。

さて、オリーブオイルで作った石鹸は泡立ちが悪いと聞きます(だから色々混ぜるんだね。あと香りづけ)が…

石鹸を試すためにわざわざ手を汚す

石鹸を試すために、畑でわざわざ手を汚してくる。

オリーブ100%でも泡だつ

おお!きちんと泡立つ!

オリーブオイル石鹸で手を洗う

素晴らしい泡立ち!

オリーブオイル石鹸で手が綺麗

手もぴっかぴか!最高!

俺が!オーガニックだ!(石鹸だ)

さて、オーガニック王が誕生しました。
実際にはまだ石鹸が固まりきっていないので、お風呂で使うと湯気で溶けてしまいます。
なので1か月は乾燥させないといけないようです。
それでも頭と体を洗ってみましたが、かなり使い心地が良かったです。
べとつきもなく、乾燥することもなく、そして臭いがしない。
人工的な香料の臭いが好きではないので、最高です。

今後の目標としては、香りづけにラベンダー、ミント(今も育ててるけど数が少ない)、そしてアーモンドオイルなんかを混ぜて石鹸Ver.2を作ってみたいと思います。

俺が!オーガニックだ!

(気に入った)

台風の爪痕

1 Comment 駄日記,,

こんばんは、このところずっと頭痛に悩まされていたのですが、久しぶりに晴れたせいか、目痛にすり替わってました。
やっちんです。

先日の激しい台風で会社の自転車置き場の屋根(ポリカーボネート製波板)が全部吹っ飛ばされてしまったため、この晴れの日を待っておりました。

次雨が降ったら会社の人の自転車が全部びしょぬれになってしまう、それは避けたい…。

ので、ポリカーボネート板をモノタロウ(工具とか事業者向け通販サイト)で注文。

ポリカーボネート

屋根のサイズに合わせてカット、

ポリカーボネート

朝っぱらから頑張って屋根を張っておりました。

たまにこういう作業をすることで、本職の人の凄さがわかりますね。

WEB全般からドラムからDIYまで!
毎日エンジョイ!

(日光に当たりすぎて完成直後にダウン、昼寝)

街角清掃にチョイ乗り

1 Comment 駄日記,

こんばんは、ちょっと時間があるときにちょいと清掃活動に参加して、しゅっと仕事に行く、なんていいよな…。
と思って実行してみました。
やっちんです。

仕事がひと段落して何気なくスマホを見ると、ポイ捨て、路上喫煙禁止啓もう活動を行っているステンスワンさんが活動中だったので、ちょい乗り清掃させていただきました。

ステンスワン

躍動感あふれるおっさん(清掃後)

アーバンピクニック

アーバンピクニックのフリー卓球に興じる(めちゃ下手)

ドラムに大事なのは、下半身を安定させる、プリ尻。

イヤモニ購入

1 Comment 駄日記,

Prophonic 2XS

プロ用イヤホン買ってもた、Prophonic 2XS。

こんばんは、やっちんです。

えらいことです、ドラマーである自分が持っているどの機材よりも高いのがイヤホンて。

普段いろんな現場でドラムを叩いておりますが、可能な現場ではイヤモニ(自分用のモニターをイヤホンでもらうシステム)で演奏しております。

これには

・各楽器を小さな音でバランス取って聞ける(遮音性が高いイヤホンの中で音作りをするので、耳を傷めない)
・↑のため、ステージ上でドラムのモニターが流れないことで、ステージ上の音がうるさくならない→他パートにもGood
・同期音源・メトロノームなどを合わせて聞けて、手元でバランス調整できる

いろんな理由があるのですが、僕個人にとって一番大事なのが、

「左利きであるがために起きる『回線トラブル』が減る」

です。

今まで本当にいろんな場所でライブを行ってきました。
小さいところでは幼稚園、ショッピングセンター、祭りの舞台、トラックの上、そして走るトラックの上、ビアガーデン、チャペル、病院、水上ステージ、道端からライブハウス、講堂、コンサートホール、野外フェス大ステージ、果ては数万人入る大ホールまで…

いろんな環境もそうですが、リハーサルがないイベント、現地に到着したかと思えばもう演奏、なんてこともざらです。

で、左利きのドラマーというのは非常に面倒なことに、ドラムセットが全部逆、つまりマイクの位置も全部逆。
セッティング時に回線を引き直すことになります。

なので、回線トラブルがしょっちゅう起こります。

僕「音が鳴りません!!」 →モニタースピーカーにケーブルがつながってない

僕「ギターの音をください!違うベースのコーラスが上がってる!ギターあげて!違うベースじゃない!耳壊れる!」 →マイクのケーブル繋ぎ間違え

他パート「ドラム聞こえてこない」 →ドラムのマイクがつながってない

上記のようなトラブルがしょっちゅう起こります。
通常ライブハウスで数バンドが演奏するときは、基本的にドラムのマイク回線はほぼ動かない(太鼓の数が変わるなどを除いて)のですが、左利きの迷惑ドラムがステージに立つと一気にドラム回りが忙しくなります。
どうしてもトラブルが起きる。忙しい現場では音響さん責められない。左利きに生まれてごめんなさい。悪口は僕の聞こえないところで言ってくださいね。
ちなみに左利きのメリットは「目立つ」、これだけです。これも大事ですが。

こんなネガティブなスタイルではネガティブなリズムが生まれてしまいます。
なので、あらかじめイヤホンとボリュームを調節するミキサーを持ち込み、リハーサル・本番前に回線チェックすることでトラブルを減らしているわけです。

こないだの神戸ストラットでは、出演時にかぼちゃのマスクかぶることになって、本番直前に

「うわ!マスク邪魔でイヤホンつけられへん!」

(イメージ)

「マスクがずり落ちてきて前が見えない!」
「マスクが邪魔で首が回らない!」
「マスクがスティックにひっかかる!」

滅茶苦茶でしたけどね。

まぁ何が言いたいかっていうと、

「ドラムが止まればライブは終わり。モニターが聞こえなかろうが被り物が邪魔だろうが目が見えなかろうが、勇ましく叩け。」

ってことです。
ほな、また。

(全然違う)

カボチャあたま

2 Comments 駄日記,

こんばんは、やっちんです。

ありがたい事に年内休みなしが先ほど決定しましたが(死ぬ)、仕事の合間にも「遊び心を忘れない」というサボりに非常に便利な言葉を使いこなして、

ハロウィーンにジャック・O・ランタンを作る

カボチャを作っております。

先日行われた「神戸ストラット」(弊社制作の可愛いHPはこちら)と同時開催されていた「六甲アイランドハロウィン」、2日目は残念ながら一部開催になってしまったのですが、ちょっとお邪魔して「ハロウィンのカボチャ」を買ってきました。

そもそも何故ハロウィンでお化けの仮装をしたり飾りつけをするようになったのか?
最近急に盛り上がってきたため、僕自身その由来があやふや(ケルトの祭り、程度の認識)だったのですが、端的に言いますと

「10月31日(古代ケルトの年末)の夜にこの世とあの世を隔てる扉が開かれ、死者や恐ろしい魔物、魔女が現世にやってくる。
その時に怖い魔物の仮装をすることで、
「自分たちを魔物の仲間だと思わせれば、襲われない」
「恐ろしい魔物の姿で悪霊を追っ払う(魔除け)」
と信じられていた、ということです。

ほな、怖いの作らな。

ハロウィン

まったく、

ハロウィン

簡単・・・

ハロウィン

だ!!

てなわけで完成。

制作時間は20分ほど。
簡単にできました。

魔物に襲われないように、玄関に飾りに帰ります。

ハロウィン

(今日仕事してない)

おまけ。仕事帰りの不審者。

ハロウィンカボチャを持ち帰る