Moral Hazard!!

ドラマーが音楽やホームページやガラクタを作るよ。

簡単!ためにならないPC電源とHDD換装

No Comment DIY,過去ログ

以前某所でPCのメンテナンスをした時に頂いてきたジャンクPC。
電源が壊れてて起動しなかったのだが、人がPCをいじると聞くと自分もいじりたくなるのが魔界塔士SAGA、せっかくだから完全に修理してみる事にする。

まず壊れたPCの横にハンマーを置く。

機械の修理で一番大事なのは舐められない事
ヤツラは自分と相手の関係性を瞬時に見抜き、観察の結果たいした事ない相手だと踏んだら途端につけ上がり、ケーブルたった一本繋ぎ間違えたなどの理由で動かなかったりする。
そういった機械とのやり取りで優位に立つために、まずは

「お前もし動かなかったらマッハでスクラップだぞ分かってんだろうな、小銭も持ってるんだろ?跳んでみろよ?」

と全力でこちらの力を誇示しておく必要がある。
そのためのハンマーである。

さらにそれがただの威嚇でないという明石(玉子焼き)に、PCの目の前で壊れたHDD(ハードディスク)を顔が変形するまでボコボコに殴る。
壊れたと言っても手間をかければデータの復旧は可能なので、有名女優との全くもってけしからんH画像が流出したエディソン・チャン(PC修理に出して自分と沢山の女優との性行為画像流出)みたいになりたくなければ、HDDは完全にぶっ壊そう。
例えば普通にPCをゴミに出すと、収集車が回収前のゴミ集積所で奇特なオッサンにPCを持っていかれ、ハードオフに売られジャンクコーナーに並び、また奇特なやつが購入、ハードディスクを調べられて情報流出、何てことが普通にあります。
携帯電話でも、電池回収業者に渡す→電池抜かれてジャンク扱い→内臓メモリのデータを盗まれる事があります。気をつけましょう。

さて、電源を前出のハードオフで購入した(PC電源500W)ものに換装します。
PCが壊れた!とハードオフなどに払い下げるもののうち多分8割近くがHDDの故障、ついでマザーボードだと勝手に思っているので、電源などは良いものが眠っている事が多いです。
が、そのため電源は若干天狗になっているので、各ケーブルを束ねてハサミをあてがう事で

「お前なんてその気になればすぐに頚動脈プチーンだからな!水道ひねったみたいに勢いよく飛び出すぜ~?血が。」

と脅しておきます。

 

今回のPCはソニータイマーで有名なソ○ーVAI○です。(伏字)
こういったメーカーPCは独自の規格でパーツを作っている事が多いので、よそから手に入れたパーツが適合しない事が多いです。
そういった場合は気合で乗り切りましょう。

電源を無理やり搭載するためのパーツを作ります。
まずはアルミ板を切り出す。

ドリルでアルミと心の壁に穴を開ける。

リベットを打ち込む。

「オラお前のどてっぱらにピアスあけてやるよ!ヒャハハハハァ!」

まさに死ぬも地獄、生きるも地獄!

そしてネジで固定します。

かっこよく搭載されました。
やはり舐められない事が肝心です。

早速起動チェックしてみます。

問題なく起動しました。

ついでに以前壊れた外付けHDDも換装します。

電気屋では、よくバッファローやIOデータなどのメーカーで外付けHDDが販売されていますが、なんのことはない、分解してみたら中にはサムスンの3.5インチHDDが入っているだけの構造。
HDD自体が壊れても新しいものを載せかえるだけでOK。

現在PCショップでは日立やSeagateの500G(ギガ)のHDDが一万円を切っていて非常にお買い得。
ドライバーが二種類くらいあれば簡単に換装できます。

IDEのピンと電源供給のピンを繋いで縫合、元々「160G」と書かれている外装をビニールテープで隠すだけで、

ばっちりです!

まだまだ若いモンには負けんぞ!

(おしまい)

DIY楽器工作~瓢箪から麻の実~

1 Comment DIY,Music

僕「な~、そこの棚の上にあるの、瓢箪(ひょうたん)やんな?どうひいき目に、裏口入学張りにひいき目に見てもカビが生えてるようにしか見えないんだが。」

ワタクシやっちんは、夏の間しばしば実家の畑にでかけておりましたが、そこに瓢箪が植わっているのを見たことがある。
夏の終わりにそれを収穫して、工場の棚においていたようなのだが・・・

1

どう見てもカビだらけ。
左は黒いカビが一面を覆っており、右は上の方にヌルヌルの白カビがべっとりついている。
こんなもん部屋に置いてたら、マッハで肺やノドに異変が起こるに違いない。

僕「どうすんだよこれ!」

親父「なんとかしてくれ。洗ってみたら?」

2

汚れ仕事は僕の仕事。

ぶつくさ言いながらも一つ企みながら、瓢箪を洗う。

すると、ぬるぬるの白カビやなんか表面のうす皮がめくれ、手触りのいい瓢箪らしい瓢箪(?)に変身。

これは・・・いける!

3

乾いた瓢箪の中身を掃除すべく、上部に穴を開けてセラミックの砥石をぶち込み、金角・銀角のごとく瓢箪を振り、中身を出す。瓢箪の中で砥石が暴れまわって、中のスジや種をほじくり出してくれるのだ。

4

瓢箪の種。なんか臭い。思春期男子みたいな匂いがする。

5

中身を徹底的にほじくって空にする。

6

どじょう。

7

そして特製油を表面に塗る。
その後電気炉にて加熱、乾燥させる事でカラカラと良い音を出すようになる。
素敵なオイルフィニッシュの半ツヤにて、瓢箪はセレブ御用達のアイテムに昇華する。

8

腰のワンポイントで貴方のファッションレベルも急上昇!
中に入れるのは日本酒?紹興酒?それともワイン?
意中のアノ人に、ぐい飲みさせちゃえ☆

9

茶色いのが、次出産を控えているメスです。

間違えました。瓢箪は出産しません。前のテキスト消すの忘れていました。
左側は黒カビの風合いを生かしたまま焼きました、近くで見ると黒いハニカム模様がこの冬のモード系を一歩リードします。
右側はオーソドックスな生の色。
どんな着回しにも使えるこの冬のマストアイテムですね。

suiken

こいつ・・・す、酔拳の使い手か!

危ないときには武器にもなる!
すばらしいアイテムです瓢箪!

10

瓢箪完成!写真の左上に「麻の実」が見えます。

そうです。瓢箪をただ作って終わりであろうはずがない!
勿論楽器としてつかうんですとも!
この麻の実を瓢箪の中に入れてふたをする事で、

11

瓢箪シェイカーの出来上がり!
早速Klee Blattの兄さん姉さんに協力してもらって(?)瓢箪シェイカー威力を検証してみました。

chogui

(PCでないと聞けないっぽいです。ごめんね)

曲「Pajaro Chogui(チョグイ鳥)」

習作ですが。
いやなかなかあなどれないパーカッションになったんじゃないでしょうか?
この冬は出来れば沢山の音源を作り出せたらと、思っております。

君との愛の電源スイッチ!!

No Comment DIY,Music

「電源壊れた!」

ことの起こりは練習中に起こったあるギタリストの虎舞竜トラブルからである。
ギターの音色を変えるエフェクター(ライブ中に足で色々踏んでるアレ)に電源を供給する機械が壊れたというのだ。
確かに鼻を突く焦げ臭。
そしてうんともすんとも言わない電源マッシーン。
これは緊急手術だ!

~親父の会社にて~

僕「パパー!電源修理して!」

親父「今部屋に塩酸こぼしたから気をつけろ!」

気をつけ方、教えてください!

というわけで始まりましたパワーサプライ(電源)心臓バイパス手術!
さて今回はやっちんは何か役に立っているんですかね?
(塩酸で鼻やられました)

1

今日の患者。
異常に焦げ臭いです。
コンセントを差し込んでもうんともすんとも言いません。
意識レベルで言えば300(刺激しても覚醒しない)-I(糞尿失禁)ってところでしょうか?

2

まずはネットで心電図(商品の回路図)を探します。

親父「インターネットが普及してからこんなんすぐ見れて便利やのう」

文系の僕にはなんのこっちゃわかりません。
ピラミッド内部の地図とか言われても信じそう。

3

そして開腹し、臓器の痛み具合をチェックします。

4
赤い線はテスター。どこまで電気が通ってて、どれが壊れているか分かります。
僕と君の関係もこれでチェックした方がいいかもしれません。
(修復不能)

5

ドレーンを使って血(ハンダ)を吸い取ります。

6

この鉄砲みたいなので動脈瘤(古いハンダ)を吸い取ります。

7

摘出された患部。
左がICで右がトランジスタ。

8

摘出された後にはかなりの焦げ目が!
「ヒューズも何も入ってないもんやから、トランジスタが焼けて、ICが焼けて、トランスも焼けてるかもしれん。理想的な死に方やな!」

つまり肺と肝臓にも転移してて、内臓全摘出というわけですな!

9

心臓(トランス)が無事かどうかテスターで細部をチェック。

10

摘出された心臓の中を開けて、動脈が生きているか調べます。

11

どうやら心停止の模様。

12

心臓の血管を繋ぎ直して様子を見ます。
全然駄目。死んでる。

13

摘出された心臓。右心房がズタズタでした。

親父「こんなん繋いだまま電源つけてたら危険が危ないわ!」

危険が危ない!

14

それでは全移植手術開始です。
まずは摘出した臓器に合うドナーの臓器を探します。
仕事場にある様々なドナー(ガラクタ機械)の山から血液型(抵抗値)が合う臓器を捜して摘出します。

15

そして見つかった臓器(IC)を取り付けます。
余った血管は切り取ります。

16

次に数個のトランジスタをつなげた太目の血管をつけて、動脈瘤が起こらないようにします。(抵抗値を整えます)

17

つながりました。
黒くてたくましい極太血管です。

18

そして電気の流れを確かめます。
奥の白い機械は電圧とかを自在に変換出来る機械です。(説明下手)
高価なものらしいです。ン十万。

19

「へぇ~、高いんだこれ?」

バチュン!

白い機械の背後に回ったら突然感電したような音が!
ビックリしてのけぞると僕の服のチャックが機械の背部に当たって焦げてました。
「俺の背後に立つな…」
お前はゴルゴか!

20

テスターです。
電源の規格が9Vって書いてるから、最終的にこの機械がパワーサプライから9.00に近い値をたたき出せば完璧です。

21

ここで電源がなぜ壊れたかを親父に聞きました。
「つないでるエフェクターのどれかか、線がショートしてる状態で使い続けたんやろ。」
というわけで同時にここに搬送された血管を全部テスターでチェック。
異常は見つかりませんでした。
どうやら原因は電源を供給するエフェクターの方のようです。

22

そしてお亡くなりになった心臓に変わって取り付けられるのがこれ!
人工心臓。(ACアダプター)
パワーサプライの中に入る大きさの心臓が身近に無かったので、昔使ってた電話のアダプターを流用。
大丈夫かいな?
つうか内臓外に出てるやん!
もはや外臓やん!

23

まぁ壊れたものにお金をかけるのもバカバカしいので、サクっとつなぎます。

24

そして本体から伸びたコードの先には…

25

ジャジャ~ン!
バイパス手術完成!
もともとこのパワーサプライに使われていたトランジスタやらもろもろがショボイものだったらしく、
DC9Vの電圧が回路を通っているうちに8.2Vまで痩せてしまうのが親父は納得いきません。
「公称500mAって書いてるけど、実際には400くらいしか出せないぞこれじゃ。」
というわけで細部を色々いじります。
大型のヒートシンク(放熱板)をつけたり、抵抗値をあわせたり。

結局トランジスタの類は全部取っ払ってICを付けるという、内臓全部取替え手術になっちゃいました。
そんなんだったらオリジナル電源作って商売した方がよさ気。

26

そして…
「さぁ、本人評価額は高めですが…オープンザプライス!」

27

でたー!ばっちり9.00!

「いい仕事してますねぇ~」

28

そしてお腹を閉じます。

29

ばっちり性能も上がって修理完了!

(外見変わったけど。)

Web Radio!? リバービィ De ファイト! 

No Comment DIY,Music

今年の僕のクリスマス。
過ごし方は、こんな感じ。

rdn01

(DIYスピリッツが行き過ぎました。今回の反省点は、ダラダラしゃべってデータが重く、音質悪くする以外にUP出来なかったこと。借りてるサーバーが1 ファイル5M上限ってきつい。次回はフラッシュでファイル分断して優れた作品を。その次は映像を絡めた作品を。その次はインディーズデビュー→メジャーデ ビュー→市長立候補→議員選→総裁選→そして建国へ。)

自宅スタジオ製作!~第零章~

1 Comment DIY,Music

「スタジオ作ればええやん」

きっかけは、当時バンドで使っていたスタジオ店長の言葉だ。

僕らが練習で使っていたのは、神戸三宮にある部屋が二つしかない小さなスタジオで、大学を出て部室を使えなくなった(卒業して暫くは後輩に迷惑な先輩として部室使っていたが)僕らは、昼夜問わずそこを利用していた。
スタジオ店長はご多分に漏れず古いロックが好きで、よく店のテレビはThe Whoやローリングストーンズのビデオが流しっぱなしになっていた。

僕はどちらかというとセンスや感情などという言葉が嫌いで、

「なぜ、そうなのか」
「どうしてこうなるのか」

にはきちんとした理由と理論がないと納得出来ないタチで、(そのくせドラムスタイルは感情に任せて叩くという難物なのだが)そのため「分かる人」「説明できる人」を妄信的に崇拝する。
そして当時Cubaseという音楽制作ソフトを買ったばかりの僕は、Pro Tools全盛の時代にCubaseを使っているスタジオ店長から、バンドの休憩時間や個人練習の合間に色々教えてもらうのがとても楽しみだった。

スタジオは結構狭くて、ドラムを全力で叩くと他メンバーから「シンバルがうるさい」と苦情が来る。
加えておそらく自分の耳も将来的に心配なので、ミュート(シンバルにガムテープなどを張って消音する)する。
そして練習するたびに

「Bさん(店長)すみません、ガムテープ貸してください!」

と店長にガムテープを借りまくっていた。
実際に僕がガムテープを使う量は半端なく、正直僕一人でほとんどのガムテープを消費していたにも関わらず、Bさんはいやな顔一つせずに「ほいほい」とも「はいはい」ともつかない返事で、黒いガムテープを貸してくれた。

ある時、個人練習でドラムを叩いていた日、

「ドラムって損ですよね~。練習するのがまず大変なんて他の楽器に比べたら凄くハンデですよ」

僕は当たり前の不満を店長にぶつけていた。
実際どこのバンドでも「ドラマーが脱退」というのは一番多いと思うし、一番聞く。

「なんでドラマーはよく脱退するのですか?あのバンド好きだったのに」

とか質問されることがあるが、僕もドラマーなので困った顔しか出来ない。

話がそれた。

「最近後輩から古いドラムセットを安く売ってもらって、ミニキットを作ってみたんですよ。親父の会社の倉庫に寝てますわ。」

相変わらずどうでも良い事をくっちゃべっている僕に店長が言う。

「じゃあスタジオ作ったらええやん。そんな完全なものじゃなくても、ドラム叩ければいいわけやし。」

そうか、無ければ作るか…それを聞いてさっそく親父に相談する。
実際にスタジオを自作する事は可能なのか?

「作れ。」

意外にも親父はノリノリで、作業工程も金額も労力も考えないまま、僕は工場二階の倉庫を整理始めた。

数ヵ月後、荷物の山だった倉庫に何とかドラムセットが置けるようになり、シンバルや太鼓に布を巻きつけて消音しながらドラムを叩くことが出来るようになった。

何の空調も無い倉庫は暑さと湿気と埃で悲惨な状況だったが、ドラムを叩くという快感はその全てを帳消しにしてしまう。
汗だくになりながら音がならない自分のドラムに酔った。

そうやってひと段落したある夜、ギターのアキヒロから電話がかかってくる。

アキヒロ「Bさんが亡くなりました。」

??

余りにも突然の電話に訳が分からないながらも、こういう時は何故か冷静。
事情と御通夜などはどうなるのかを聞く。

「僕も~~から聞いた話なんですけど、御通夜は実家が~~県なので、そちらでするようです。スタジオはオーナー?が開放してくれているらしくて、縁のある人は明日の晩、スタジオで別れを惜しんだりするそうです。」

「ほな明日ちょっといこか。」

あまり現実味を感じないまま、次の日の夜、スタジオ前でアキヒロと待ち合わせる。
スタジオに足を踏み入れると、知っている人も知らない人も、怖い人も年下も、私服も喪服も色んなジャンルの人が集まってダベっていた。

普段のスタジオにあるまじき人口密度の高さに居心地の悪さを感じながら、そこでバイトをしていた某さんを見つけて事情を聞く。
刺青バリバリのおっかない見た目なのだが気さくな人で、飄々と事の顛末を語る。

「そこで亡くなってたらしいから、みんな缶コーヒーとか花とか供えてるけどな。ちょっと手合わせていってやってくれるか?」

言われたとおりに手を合わせ、スタジオを見て回る。
おそらくスタジオはもう閉店になるだろうし、われながらどうかしているが、Bさんと話していたスタジオの防音材の貼り方を見ていたかったこともある。

「まぁ後日どっかのバンドから連絡あると思うけど、遺品っていうか、音楽的なものについては親類方の好意で形見分けされるかもしれんからな。」

某さんに言われ、別にいるもんないわ…とか思いながら帰る直前、ふと思い出した。

「あ、某さん、ガムテープ、もらっていっていいっすか?他は結構ですので。」

某さんは理解に困る顔をしながら、

「?それくらいやったら今持って行っても構わんやろ。(ミキシングルームに入って)ほれ、これでええんか?」

「ありがとうございます」

正直Bさんが亡くなったのが何月だったかさえ、覚えていない。

僕がアノ人と交わした言葉で一番印象に残っているのが

「ガムテープ貸して下さい。」

「ほいほい。」

であり、使うのが供養かな?と勝手に考えつつ、もらったくせに部屋に置きっぱなしのためなかなか減らないガムテープを見るたびに、なんだか間抜けていて良いなぁと不謹慎ながらも思ってしまうのだ。

そして僕はスタジオを作った。